男性・女性が結婚を避けたいと思う職業トップ10:その理由を解説!

当サイトはプロモーションが含まれます

愛と結婚の選択において、職業はしばしば大きなファクターとなります。

アンケート調査では、特定の職業が女性にとって結婚相手として魅力的でないことが判明しています。。

この独自の調査は、第三者機関を通じて収集されたデータに基づいており、”結婚に不適切と感じる男性の職業” に関する女性の率直な意見を反映しています。

結婚を考えてるんだけど、相手の職業が気になるんですよね…

これから職種ごとのメリットやデメリット等をお伝えします!

イチオシ結婚相談所

ツヴァイ

結婚に本気な人が9万人!出会いのチャンスが多い

超大手なのにコスパも◎。男女ともに出会いのクオリティが高い。

公式サイトで詳しく見る▷

Fiore ロゴ

フィオーレ

活動開始から約1ヶ月で交際スタート!

1ヶ月後の自分のために、無料相談から行動開始

公式サイトで詳しく見る▷

エン婚活エージェント

オンラインで成婚実績No.1

オンライン限定だから安い。時間効率UPで素早く婚活できる!

公式サイトで詳しく見る▷

監修者:YUMEMI 婚活アドバイザー

20代から30代前半にかけてマッチングアプリを活用し、30代半ばからは結婚相談所のサービスを利用してきた40歳の婚活アドバイザーです。

自身の豊富な婚活経験を生かし、現在は婚活をしている方々へのサポートに情熱を注いでいます。特に、出会いに困っている方や積極的に婚活を行えない方の支援に力を入れています。

実際に編集部の独身男性がツヴァイのマッチング無料体験に行ってきました!

実際の検索画面に表示された、写真とプロフィールに衝撃でした。

マッチングアプリとは全く別物です。

出会いの品質が想像よりずっとレベルが高いものでした。

目次

女性が結婚を避けたい職業ランキング 一覧

なかなか結婚ができないと、このまま一生独身ではないかと頭をよぎることがあります。

職業が原因ではないか、自分の職業はモテないのではないかと考えたことはありますか。

それぞれの職業には社会にとって非常に重要でやりがいのある仕事ばかりです。互いの職業を尊重することで、これらの障害を克服し、より充実した関係を築くことが可能です。

この記事でお伝えしたいのは、これらの職業が結婚できないのではなく、女性がこの職業の何に不安を感じているのか理解することです。

1位:そもそも定職に就いていない「フリーター」

フリーターのメリット 休みたい分だけ、働きたい分だけ。勤務日を調整できる 副業が自由にできる!

フリーターは正社員・正職員以外の雇用形態で働く人を指しています。

統計によると、正規とそうでない男性の賃金は次のようになっています。

正社員・正職員男性の賃金:月額35.1万

正社員・正職員以外の男性の賃金:月額23.2万

この収入の不安定さと、キャリアパスの不透明性から、結婚を考える女性がフリーターの男性を敬遠する傾向にあるのも理解できます。

しかし、フリーターであっても将来的に正規雇用へと移行するチャンスは存在し、そうした動きを見せる意欲や能力があれば、結婚に対する見方も変わるかもしれません。

フリーターのメリット

  1. 勤務日を自分のニーズに合わせて調整でき、生活の柔軟性が高まります。
  2. 副業や複数の職を持つことが可能なため、多様な経験を積むことができます。
  3. 様々な業界や職種を短期間で経験でき、広い視野を持つことができます。

一方、フリーターのデメリットには以下のような点があります

  1. 病気や長期休暇が必要になった場合、収入源が途絶えるリスクが高まります。
  2. 年齢を重ねるにつれて、新たな職を見つけることが難しくなる可能性があります。

フリーターという選択は、現在の生活スタイルに合致しているかもしれませんが、長期的な視点でキャリアや人生設計を考える際には、収入の安定や将来計画についてしっかりと検討することが重要です。

パートナーとの将来を考える上で、互いの職業的な状況や目標を理解し、サポートし合うことが求められるでしょう。

2位:忙しいのに給与が安い「介護士」

介護士という仕事は、社会的な重要性と個人のキャリアにおける潜在的な成長の両面を持っています。しかし、同時に、ライフスタイルの要求経済的な報酬の観点からも、その職業が持つ特定の困難を無視することはできません

介護士のメリットには以下のようなものがあります。

  1. 資格を持っていれば、国内どこでも求職活動が可能です。これは、雇用の機会が豊富にあり、地理的な柔軟性を意味します。
  2. キャリアパスは多様で、施設管理者など、より上位の職務に昇進することが可能です。
  3. 高齢化社会が進む中で、介護士はこれからも間違いなく需要が高まる職業です。これは、職業の将来的な安定性を意味します。

一方で、介護士のデメリットもいくつかあります。

  1. シフト勤務や夜勤が含まれることが多く、休日が家族や友人と合わないことがあります。これは、社会生活や家庭生活に影響を与える可能性があります。
  2. 資格がない場合、または初期段階のキャリアでは、給与がそれほど高くない傾向があります。

これらのデメリットが、特に結婚を考える際のパートナーの選択に影響を与えていることが明らかです。

介護の職は、肉体的にも精神的にも要求が厳しく、その上、給与がそれに見合わない場合が多いのが現実です。

たとえば、社会保険や福祉、介護事業に従事する男性の平均給与は月約27万円とされ、ボーナスを含めた年収は400万円をわずかに下回るレベルです。

介護士としての職に限定すれば、これよりも低い給与が予想されます。この数値自体が極端に低いわけではありませんが、仕事の過酷さと比較すると、生計を支えるのが一層困難に思われるのです。

結婚相手として考える場合、このような経済的な見通しやライフスタイルの問題は、女性にとって大きな懸念事項となる可能性があります。

しかし、介護士という職業の真の価値は、金銭的な報酬だけでは測れません。

社会に対する深い貢献や、人の生活を支える喜びなど、計り知れない充実感があります。

また、このように社会貢献する男性に魅力を感じる女性は少なくありません。

この観点から、パートナーシップの基盤として、お互いの職業に対する理解と尊重が重要になるでしょう。

3位:夜が遅く、収入も低めの「飲食業」

夜が遅く、収入も不安定な飲食業が2位となっています。

平均の収入は月額約32万、ボーナスなどを合わせて年収は430万程度です。

ただあくまで「平均」で、実際はもっと低い人もたくさんいるでしょう。

また土日に休めず、長い休みも取れず、店を開けたからといって客が来るとも限りません。

流行に大きく左右されるなど先が読めない不安定さもあります。 大手に勤めている場合でも安心もできず、かなりハードな働き方を強いられることも多いので、女性は結婚をためらうのです。

この業界で働く人々は、職場での人間関係の構築や料理のスキル向上など、多くのメリットを享受できますが、一方で不規則な勤務時間職場環境のストレスなど、特有の困難にも直面しています。

飲食業のメリットには、以下のようなものがあります:

  1. 料理の技術やサービススキルを磨くことができ、経験と実績を積むことで将来的には自分の店を持つことも夢ではありません。
  2. お客様との対話が多いので、人と話すことが得意になり、人間関係を広げるチャンスがあります。
  3. 従業員割引で新メニューを試したり、飲食店の特典を利用することが可能です。

しかし、飲食業には以下のようなデメリットも存在します。

  1. 介護士と同じく、シフト制勤務で、特に週末や祝日は休みにくいのが一般的です。これは家庭生活やプライベートな時間に影響します。
  2. 「クレーム」をつけるお客様がいることで、精神的なストレスが蓄積しやすい環境です。
  3. 収入が不安定で、夜遅くまでの勤務が当たり前になっています。

それでも、飲食業は料理への情熱や、人々を喜ばせるサービスを提供する喜びなど、他の職業にはない魅力を持っています。

職業選択に関してパートナーと深く対話し、互いの価値観や生活目標を尊重し合うことが、健全な関係を築くうえで不可欠です。

4位:本当はイメージより稼いでる?「自営業/フリーランス」

自営業・フリーランスという職業選択は、その自由度と成功した時の報酬の大きさから、多くの人にとって魅力的なオプションです。

しかし、その裏には、不確実性家族との関係への影響など、いくつかの深刻な考慮事項が存在します。

自営業のメリットとしては次のような点が挙げられます。

  1. ビジネスが成功すれば、収入は通常のサラリーマンを大きく上回る可能性があります。
  2. 勤務時間や休暇が柔軟で、自分のペースで仕事を進められる点は大きな魅力です。
  3. 努力と成果が直結しやすいため、自分のビジネスを成長させる達成感を味わうことができます。

一方で、自営業には以下のようなデメリットもあります。

  1. 常に倒産のリスクが存在し、経済的な安定を得ることが難しい場合があります。
  2. 結婚後、配偶者にもビジネスを手伝ってもらうことが多いため、家庭内の役割分担に影響を及ぼすことがあります。

自営業という選択は、小規模なビジネスでは収益が直接生活に影響するため、経済的な安定が保証されにくいです。

事業が現在成功しているとしても、市場の変動や経済状況の変化により、将来的には不安定さが増す可能性があります。

加えて、結婚という選択をする際、自営業のパートナーは配偶者にもビジネスの協力を期待することが多いです。このため、結婚を望む女性は、ビジネスへの参加や支援を求められることを予期し、その準備ができていなければ、自営業を持つパートナーとの結婚を躊躇するかもしれません。

このようなリアリティがありながらも、自営業は自分の力で成果を創り出せる、という点で非常に魅力的な職業です。

パートナーシップにおいては、お互いの職業的な選択を尊重し、共に事業と家庭生活のバランスをとる努力をすることが大切です。

お互いの期待と目標についてオープンなコミュニケーションを持ち、協力し合う姿勢が求められます。

5位:激務で派手なイメージのある「広告代理店勤務」

広告代理店での仕事は、創造性とダイナミズムに満ち、多くの人々にとって魅力的なキャリアパスと見なされています。しかし、その裏には、厳しい期限高いノルマ、そして絶え間ないクライアントの要求が存在し、プライベートな時間が削られがちな現実があります。

広告代理店勤務のメリットは以下の通りです

  1. 業界全体の平均年収が比較的高いため、経済的な安定を享受できます。
  2. 休日は比較的しっかり確保されており、長時間労働後のリカバリーが期待できます。
  3. 様々な業種のクライアントとの接点を持つことができ、広い人脈を築くことが可能です。

一方で、広告代理店勤務のデメリットも少なくありません

  1. クライアントの要求に応じて、深夜までの残業が必要になることがあります。
  2. 営業職の場合、達成すべきノルマが厳しく、職務へのプレッシャーが高いです。

広告業界は、その華やかなイメージとは裏腹に、働く人々に多大なストレスを強いることで知られています。特にプロジェクトの締め切りが迫ると、家庭生活を犠牲にしてでも仕事を優先しなければならない状況が生まれがちです。

こうした背景から、「結婚したくない職業」として広告代理店勤務が挙げられるのは、ある意味で予想される結果かもしれません。

激務と見なされ、仕事とプライベートのバランスが取りにくいこの職種は、家庭を大切にしたいと考える女性からは敬遠されがちです。

結婚を考える際には、パートナーの仕事の内容だけでなく、その人との生活がどのようになるか、また、お互いがどのようにサポートし合えるかを考慮することが重要です。

職業に対するイメージだけでなく、その人の価値観やライフスタイル、将来のビジョンに注目することで、より良いパートナーシップを築くことができるでしょう。

\イチオシの結婚相談所比較/

結婚相談所名ポイント料金

ツヴァイ
公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
結婚相談所の超大手だから全国に会員がいる
官公庁、一部上場企業の福利厚生で出会いのクオリティが高い
>口コミ・評判はこちら
初期費用118,800円
※割引プランあり
月額15,950円


公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
オリコン顧客満足度1位だから納得のサービス内容
お相手探しのサービスが充実

>口コミ・評判はこちら
スタンダードプラン
初期費用99,000円
月額17,600円


公式サイト
オンラインのみ データマッチング
オンライン結婚相談所 成婚実績No.1
来店不要で忙しい人に便利

>口コミ・評判はこちら
キャンペーン中
初期費用10,780円
月額14,300円


公式サイト
オンラインのみ データマッチング
価格がとにかくリーズナブル
来店不要で忙しい人に便利

>口コミ・評判はこちら
初期費用6,600円
月額9,900円


公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
お相手検索も申込みも無制限だから、積極的にアプローチできる
実はほぼ全国に対応している

>口コミ・評判はこちら
キャンペーン中
リミテッドコース
初期費用33,000円
16,500円
月額8,800円
成婚料110,000円


公式サイト
店舗*オンライン 仲介
ハンドメイドマッチングで本当に相性の良い人と出会える
仲介型では珍しく、ほぼ全国に対応している

>口コミ・評判はこちら
スタンダードコース
初期費用187,000円
※割引プランあり
月額17,600円
成婚料220,000円


公式サイト
オンラインのみ データマッチング
3カ月以内に93.8%の人がお見合い
スマホで完結

>口コミ・評判はこちら
初期費用14,200円
月額8,800円
お見合い料
申込み1件473円

ムスベル

公式サイト
店舗*オンライン 仲介
婚活の難易度が高い40代、50代に強い
お相手紹介の満足度が高い

>口コミ・評判はこちら
レギュラーコース
初期費用330,000円
月額15,400円
成婚料330,000円


公式サイト
店舗*オンライン 仲介
結果にこだわる結婚相談所
結婚までのステップが明確

>口コミ・評判はこちら
コンシェルジュコース
初期費用137,500円
月額16,500円〜
成婚料55,000円


公式サイト
店舗*オンライン データマッチング
歴史ある結婚相談所
会員数が多い

>口コミ・評判はこちら
初期費用122,600円
月額18,700円


公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
短期間での成婚を目指す人々が多い
業界内でのトップクラスの仲人ネットワーク

>口コミ・評判はこちら
初期費用252,450円
月額17,050円
成婚料220,000円


公式サイト
店舗*オンライン データマッチング
45歳以上に特化
イベント・パーティが豊富
>口コミ・評判はこちら
初期費用
33,000円
月額料金
12,100円
お見合料
5,500円
結婚相談所って何?仕組み・料金・他の結婚相談所との比較など結婚相談所の完全ガイドは以下のページにあります。

6位:高収入を得られにくい「美容師(理容師)」

美容師や理容師は、人々の外見を変え、自信を与えるなど、直接的に顧客の満足に貢献する仕事です。

しかし、この職種の収入は、場所や経験、技術などに大きく左右され、特に独立して自分のサロンを持たない限り、高収入を得るのは難しいとされています。

美容師(理容師)のメリットには以下のようなものがあります。

  1. 技術次第で、指名料や高価な施術により収入を増やすことが可能です。
  2. 独立開業すれば、経営者としての収入アップの可能性があります。
  3. スタイリストやブランドアンバサダーとして、業界内外で新たな活躍の場が見つかることもあります。

一方で、デメリットも存在します。

  1. 長時間立ち仕事であるため、体力的にキツイ職種とされ、長期間働くことが難しい場合もあります。
  2. 美容室・理容室は市場が飽和状態にあり、競争が激しく、成功するまでには多大な努力と戦略が必要です。

美容師(理容師)としての職は、高度なスキルと人間関係を要しますが、それに見合った収入を得るのは簡単ではありません。特に独立して事業を持たない限り、収入の上限が比較的低く、経済的な安定が得られにくいというのが現実です。

このような理由から、美容師(理容師)は「結婚したくない職業」リストの一つとして挙げられることがあります。収入の不安定さや、職業に対する社会的な評価が、結婚を考える際のパートナーとしての魅力を減少させる要因となっているのです。

しかし、収入や職業だけが結婚の全てではありません。

重要なのは、お互いの価値観の一致や、生活目標に対する取り組み方、そして何よりも相手を支え、尊重することです。職業別の一般的なイメージにとらわれず、個々の人間性やパートナーとしての資質を見極めることが大切です。

7位:まだまだ3Kのイメージが強い「工場勤務」

工場勤務という職業は、特定のスキルや高度な教育背景を必要とせずに、比較的安定した収入を得る機会を提供します。しかし、その一方で、肉体的に厳しい環境での労働不規則な勤務時間など、ライフスタイルに大きな影響を及ぼす側面もあります。

工場勤務のメリットには次のような点があります。

  1. 学歴や経歴に依存せず、安定した収入が得られる可能性がある。
  2. 大企業の工場なら、福利厚生が充実している場合が多い。
  3. 職場での資格取得やスキルアップにより、昇給やキャリアアップの機会がある。

一方、デメリットとしては、

  1. 体を酷使する労働が多く、労働災害のリスクも伴う。
  2. 夜勤や長時間労働が求められる場合があり、プライベートの時間が取りにくい。

このような条件から、工場勤務は「3K」(きつい、汚い、危険)というイメージが強く残っており、肉体的な負担生活リズムの乱れが、健康面での懸念を引き起こすことがあります。それにより、結婚相手としての魅力が低く評価されることもあるのです。

しかし、工場勤務に従事する人々は、家族を支え、生計を立てるために一生懸命働いています。

職業だけでなく、その人の人間性や価値観、家庭に対する思いやりを考慮することが重要です。結婚は、お互いの生活スタイルや価値観が合致することが基盤となるため、一概に職業だけで判断するのではなく、多角的な視点からパートナーを評価する必要があります。

8位:収入に不安を感じる「保育士」

保育士という職業は、子どもたちと直接関わり、彼らの成長を支える非常にやりがいのある仕事です。しかし、その一方で給与面の問題キャリアの将来性不安を感じることも少なくありません

保育士のメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  1. 子ども好きで、子育てに理解があり、家庭生活においても協力的なパートナーになり得る。
  2. 子どもの教育や心理に関する知識が豊富で、将来的に子育てをする際に役立つアドバイスが期待できる。
  3. 生活スキルが高い場合が多く、家庭内での役割分担がしやすい。

しかし、デメリットも存在します。

  1. 保育士の給与水準が低いことが多く、経済的な安定を得るのが難しい。
  2. 男性保育士に対する社会的な偏見やステレオタイプがまだ存在し、職場でのストレスやプレッシャーがある。
  3. 昇進の機会が限られており、キャリアの将来性に懸念がある。

これらの理由から、保育士は結婚相手としての魅力がある一方で、経済的な安定やキャリアの成長という観点では不安要素を抱えています

しかし、物質的な豊かさだけでなく、家庭生活の質や子どもとの関わり方に価値を見出す人にとっては、保育士という職業は非常に魅力的な選択となるかもしれません。結婚やパートナーシップは、お互いの価値観が合致し、支え合える関係が築けることが最も重要です。

9位:安定はしているけれど窮屈そうな「警察官」

警察官という職業は、高い社会的信頼と安定した生活を提供するものですが、その生活スタイル職務特性には特有のストレスやプレッシャーが伴います。

警察官のメリットは以下の通りです。

  1. 安定した収入と雇用:警察官は国や地方公共団体の公務員として、安定した給与と雇用保障を享受します。
  2. 社会的信頼と安心感:「夫が警察官」というステータスは、家族に安心感をもたらし、社会的な信頼も得られます。
  3. 金融面でのメリット:社会的信頼が高いため、住宅ローンなどの審査が通りやすいなど、金融面での優遇が期待できます。

一方で、デメリットも存在します。

  1. 生活の不規則さ:警察官の仕事は夜勤や緊急出動があり、家族との時間が不規則になることがあります。
  2. 職務の危険性:犯罪者や危険な状況と直面するリスクがあり、身の危険を感じる場面もあります。
  3. 配偶者や家族への影響:配偶者や家族も身辺調査の対象となることや、「警察官の家族」というプレッシャーを感じることがあります。

これらの要因から、警察官は安定はしているものの、家族生活における不規則さ職務上のストレス家族に及ぼす影響などが、結婚相手としての魅力をいくぶん減少させている可能性があります。それでも、パートナーとしての信頼や安定感を重視する人にとっては、警察官は魅力的な職業と言えるでしょう。

10位:モテそうだから心配?「スポーツインストラクター」

スポーツインストラクターという職業は、健康的な生活と身体能力の高さを兼ね備え、多くの人から尊敬される存在ですが、その職業的な不安定さ将来性に対する不透明感が、結婚を考える際の障害となることがあります。

スポーツインストラクターのメリットは以下の通りです。

  1. 健康的な生活:スポーツインストラクターのパートナーは、自然と健康的な生活を送ることになります。
  2. 身体能力の高さ:日常生活での重いものの持ち運びなど、身体的なサポートを得られる点が魅力です。
  3. 高収入の可能性:パーソナルトレーナーとして独立するなど、キャリアアップにより高収入を得るチャンスがあります。

しかし、以下のようなデメリットも存在します。

  1. 収入の不安定さ:フリーランスや契約社員として働くインストラクターは、収入が不安定で、生活の見通しが立てにくい場合があります。
  2. 将来への不透明感:年齢とともに体力が落ちることを考慮すると、長期的なキャリアパスや収入の安定が懸念されます。
  3. 厳しい健康管理:職業柄、食事やトレーニングに常に気を遣い、厳しい自己管理が求められます。

このように、スポーツインストラクターは、パートナーとしての魅力的な側面と、職業に伴う不安要素が混在しています。特に、経済的な安定を重視する人や、将来の不透明さに対して不安を感じる人にとっては、結婚相手としての魅力が薄れる可能性があるでしょう。

それでも、健康的な生活や身体能力をパートナーに求める人にとっては、魅力的な職業と言えます。

当サイトおすすめマッチングアプリ

with ウィズ

🔥利用者増加率No1!🔥

心理テストも◎内面重視の真剣な恋人探し

公式ダウンロード▷
対応:iPhone Android

Pairs ペアーズ

初心者に◎、本命の恋人探し

会員数が多く、地方にも強い

公式ダウンロード▷
対応:iPhone Android

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

結婚に本気な人が94%♡💍

真剣な人と出会いたいなら最強の婚活アプリ

公式ダウンロード▷
対応:iPhone Android

マッチングアプリの完全ガイド・おすすめランキングはこちらの記事をチェック。

結婚を望む女性の視点から見た「3K」から「3B」、そして「3S」への職業の変遷

結婚相手の職業に対する女性の意識は、時代と共に大きく変化しています。かつては「3K」(きつい・汚い・危険)と呼ばれたブルーカラー職が敬遠された時代がありましたが、社会の変化とともに、その傾向も変わりつつあります。

  1. 「3K」の時代
    • このカテゴリに分類される職業は、物理的な労働が中心で、労働環境が過酷であることが多かったです。結婚生活において、安定した生活や健康への懸念から、これらの職業は女性にとって魅力に欠けるものと捉えられていました。
  2. 「3B」の時代
    • バーテンダー、美容師、バンドマンなど、社交性が高く女性にモテる職業がこのカテゴリーです。しかし、不規則な労働時間社交的な性質が、家庭生活における安定性や信頼性を欠く原因と見なされ、結婚相手としては敬遠される傾向にありました。
  3. 「3S」の現代
    • 整体師、消防士、スポーツインストラクターなど、健康や安全に貢献する職業がここに含まれます。これらの職業は一見、真面目で責任感があるように見えますが、不規則な勤務時間や、職業柄他人との親密な接触が多いことから、「女癖が悪い」とのイメージを持たれがちです。これが、結婚を望む女性から敬遠される一因となっています。

このように、結婚したいと考える女性の価値観は、社会状況や文化の変化と共に進化しています。安定した家庭生活を望む女性にとって、パートナーの職業は収入の安定性だけでなく、生活リズム、信頼性、そしてパートナーとの関係性に大きく影響する重要な要素となっています。これらの要因が、女性が結婚相手に求める職業の傾向を変化させているのです。

男性が選ぶ結婚したくない女性の職業TOP10

社会の変化とともに、男性の結婚に対する価値観も変わってきています。

かつては、職業が家庭生活に与える影響が少なかった女性に対しても、今ではその職業によって結婚への意識が変わることがあります。以下、男性が結婚に消極的になる女性の職業トップ10を解説します。

  1. 医師:
    • 高収入である一方、忙しさや専門性が高いため、家庭生活を共にする上でのハードルが高いと感じられる。
  2. 弁護士:
    • 強い意志を持ち、キャリアウーマンというイメージから、対等なパートナーシップを築くことが難しいと感じる男性が多い。
  3. 芸能人:
    • プライバシーの少なさ、スケジュールの不規則性、世間の注目度などが、結婚生活においてのプレッシャーとなる。
  4. 看護師:
    • シフト勤務による生活リズムの不規則性や、仕事のストレスが家庭生活に影響するとの懸念がある。
  5. CA(キャビンアテンダント):
    • 長期間の出張や異常勤務時間により、日常的な家庭生活を営むことが難しいと感じられる。
  6. 警察官:
    • 厳格な職業倫理や、危険と隣り合わせの仕事内容から、家庭内での緊張感やプレッシャーを感じることがある。
  7. 自営業(社長):
    • ビジネスを運営するストレスや、高いプライドから、家庭での役割分担やバランスを取ることが難しいと感じられる。
  8. コンサルタント:
    • 長時間労働や、多忙さから生じる家庭との時間の不足、また専門性が高いために仕事の話題が中心になりがち。
  9. 営業ウーマン:
    • 積極的な性格や、社交性の高さから、プライベートな時間が少なくなることや、精神的なストレスを感じやすい。
  10. クリエイター:
    • 個性が強いことや、仕事に対する情熱が高いことから、家庭生活の優先順位が低くなりがち、また収入の不安定さ。

これらの職業が男性にとって魅力的ではない理由は、家庭生活の安定や、パートナーとしての時間を共有することの難しさにあります。

また、強い個性やキャリア志向が、家庭内での役割やバランスを求める男性の願望と衝突することも、結婚をためらう一因となっています。

1位:高収入だけどハードルが高い?「医師」

女性の職業としての1位は「医師」ですが、これは男性が結婚相手として敬遠しがちな職業でもあります。

一般的に、医師は高収入であり、高度な専門知識を有しています。このことが、パートナーとしての「ハードルの高さ」を感じさせ、特に自分自身が医療関係者でない男性からは、距離を置かれがちです。医師という職業が持つ社会的地位責任の重さ、また患者への献身が要求されるプロフェッショナリズムは、日常の家庭生活においても、パートナーへのプレッシャーとなる可能性があります。

また、家庭でのリラックスした時間を求める男性にとって、「医師」という職業は、緊張を伴うものと捉えられがちです。家にいても仕事のことで頭がいっぱい、というイメージや、緊急時の対応が求められることなど、医師特有の生活習慣は、一緒に生活することの難しさを感じさせます。

実際に、日本結婚相談所連盟が提供するデータによると、女性医師の成婚しやすさは他の医療系職種に比べてかなり低いことが示されています。具体的には、医療系職種全般の成婚しやすさが136.50%であるのに対し、医師は82.59%と大きく差があります。

これは、男性が医師の女性との結婚に際して、感じるプレッシャーや、家庭生活におけるバランスの取りにくさが影響している可能性が高いです。それに、社会的な期待や職業上のストレスなど、医師という職業が持つ特性自体が、結婚という選択を難しくしている側面も無視できません。

2位:なんとなくキツいイメージ「弁護士」

女性の職業ランキングで2位に挙げられたのは「弁護士」です。この職業は、細部への注意論理的思考、そしてプレッシャーの下での判断が求められるなど、多くの男性が「キツイ」と感じるイメージを持っています。

弁護士という職業は、しばしば容赦ない、議論を重んじる、矛盾を許さないといった性質が求められます。これは、家庭内でのコミュニケーションにおいても、パートナーからのプレッシャーとなる可能性があるため、男性は疲れた自分を癒してくれる相手を求める傾向があります。そのため、弁護士という職業は、医師と同様に「結婚したくない職業」と見なされがちです。

しかし、大事なのは「弁護士」という「職業」そのものではなく、その人の人間性やパートナーとしての資質です。弁護士の女性が結婚相手として魅力的であるためには、自身の職業の大変さや忙しさを伝えつつも、一緒にいることのメリットや、家庭での柔軟性、理解力をアピールすることが重要です。

最終的に、結婚は二人の人間関係に基づくものであり、職業だけでその価値が決まるものではありません。互いのライフスタイルや価値観を理解し、尊重し合える関係を築くことが何よりも大切です。

3位:付き合うのはいいけれど結婚は…の「芸能人」

ランキング3位に選ばれたのは「芸能人」です。芸能人という職業は、多くの人々に憧れの的とされていますが、その華やかな世界に身を置くことは、一般の人々には想像もつかないほどのプレッシャーやストレスを伴います。

特に、パパラッチに追われる生活や、SNSでの誹謗中傷、プライバシーの侵害など、日常生活においても安心して過ごせない状況が想定されます。こうした状況は、パートナーである男性にとっても大きな精神的負担となり、結婚生活を送る上での障害となる可能性が高いです。

芸能人との結婚を考える場合、その人の職業がもたらす影響を熟慮する必要があります。特に、家庭生活やプライベートな時間への影響、メディア露出の度合い、ファンや一般人からの反応など、多くの点を考慮し、結婚前にパートナーとしっかりと話し合うことが不可欠です。

最終的には、お互いの価値観や生活スタイルを尊重し、理解し合うことが結婚生活の成功につながります。そのため、職業というよりも、その人としての相性や生活の調和が重要となるのです。

4位:看護師 – 生活が不規則で心配

ランキング4位に入ったのは「看護師」です。看護師という職業は、人々の健康を支え、命を救うという非常に責任感の強い仕事です。多くの男性が看護師を尊敬する一方で、その生活スタイルや仕事の内容に対する不安も感じています。

看護師はシフト勤務が多く、夜勤や長時間勤務が常態化している場合が多いです。これは家庭生活において、パートナーとの時間を確保することが難しくなりがちで、生活リズムの乱れから健康面の懸念も生じます。また、看護師は感染症に晒されるリスクも高く、それが結婚生活において潜在的な不安要素となっています。

しかし、看護師の職業がもたらす不定期な勤務スケジュールは、予想外のメリットをもたらすこともあります。例えば、平日に休みが取れることで、週末の混雑を避けてデートができたり、各々の時間を大切にできる余裕も生まれます。

また、看護師は転職の選択肢が広く、結婚や家庭生活を考慮して、より働きやすい環境(クリニック勤務や訪問看護など)に転職することも可能です。重要なのは、互いのライフスタイルを理解し、尊重しあうこと。その上で、柔軟に職業生活と家庭生活のバランスをとることが求められます。

5位:CA(キャビンアテンダント) – 家を空けがちで不在が多い

5位にランクインしたのは、CA(キャビンアテンダント)です。この職業は一見、華やかで魅力的に映るかもしれませんが、実際のところはかなりのハードワークが求められ、長時間のフライトや不規則なシフトにより、家庭生活が不安定になることが少なくありません。

特に国際線に携わっている場合、長期間の不在が当たり前となり、パートナーや家族との時間を確保することが難しくなります。そのため、結婚を望む男性の中には、安定した家庭生活を望む者から敬遠される傾向にあります。

しかし、これは一方で、自立心が強く、お互いの自由を重んじるカップルにとっては、理想的な関係を築く契機にもなり得ます。一例として、SNSで話題になったある男性は、CAのパートナーが不在の間に自由に過ごせることをプラス面と捉え、お互いの独立した時間を大切にするライフスタイルを享受しています。

しかし、重要なのはお互いの職業に対する理解と尊重です。CAという職業は、コロナ禍の影響を受けやすいものですが、それでも自身の職業に誇りを持ち、家庭と仕事のバランスを求める女性も多いです。相手の職業に対する本音を聞き、互いのライフスタイルを尊重し合うことが、健全な関係を築く鍵となります。そして、コロナ禍だからこそ、真剣に人間関係を見つめ直し、自分にとって本当に大切なパートナーを見つけ出す良い機会かもしれません。

6位:「警察官」 – 厳格さがプレッシャーに?

6位にランクインしたのは「警察官」です。警察官という職業は、公正さや正義感が求められ、一定の厳格さを持っていることが一般的です。そのため、パートナーとしての接し方にプレッシャーを感じる男性が少なくありません。

例えば、些細なルール違反を指摘されることへの懸念や、デートでの運転中に交通ルールについて注意されることなど、緊張感を伴うシチュエーションが想像されます。これが、リラックスした日常を求める男性にとっては、結婚生活においてマイナスと捉えられがちです。

加えて、警察官の仕事は時間が不規則であり、緊急事態への対応が求められることも多いため、家庭生活をサポートし合うことが難しい側面もあります。これが、結婚相手として選ぶ際のハードルとなることがあります。

しかし、警察官という職業に就く女性は、責任感が強く、真面目であることが多いです。そのため、相手の職業を理解し、その上でサポートし合える関係を築ける男性であれば、非常に充実した結婚生活が送れるでしょう。

男性側は、自身の仕事への情熱や結婚に対する真剣な考えをしっかりと伝えることが重要です。また、警察官の女性にとっては、最近ではワークライフバランスを重視する環境も増えてきているため、現職での結婚後の生活の実現可能性をパートナーに理解してもらうことも大切です。

7位:「自営業(社長)」 – 強さが障壁に?

7位に選ばれたのは「自営業(社長)」の女性です。自らビジネスを立ち上げ、運営する女性は、確かに大きな魅力とパワーを放っています。その背景には、強い意志リーダーシップ、そして高いプライドがあることでしょう。

しかし、そのような強さが、逆に結婚を考える際の障壁となってしまうことも。プライドが高いとされるイメージから、男性が自分の意見を言いにくいと感じたり、自分が家庭内でパートナーに立場が劣ると感じることがあるかもしれません。

また、自営業や社長という立場は、その会社を守るために、時に家庭を二の次にしてしまうこともあります。これが、家庭生活を重視したい男性にとっては、結婚相手として選ぶ上でのマイナスポイントとなる可能性があります。

しかし、家事分担にオープンで、パートナーのキャリアをサポートし、柔軟に結婚生活を構築できる男性にとっては、自営業の女性は理想的なパートナーと言えるでしょう。自営業の女性自身も、プロフィールや交流の場での自己紹介では、「強さ」や「しっかりしている」イメージだけでなく、自分の柔らかい面や趣味など人間らしい部分を積極的にアピールすることで、より多くの男性に自分を理解してもらいやすくなるはずです。

8位:「コンサルタント」 – 忙しさがハードルに

8位にランクインしたのは「コンサルタント」という職種の女性です。コンサルタントという職業は、専門的な知識やスキルを活かして、企業の課題解決を支援する非常に要求される仕事です。特にその分野で優秀な人ほど、大企業からの依頼が絶えず、その結果として多忙な日々を送ることになります。

そんなプレッシャーの高い職業では、仕事に伴うストレスも大きく、プライベートな時間が削がれる可能性もあります。そのため、家庭生活を重視する男性からすると、コンサルタントの女性は結婚相手として敬遠されがちです。忙しさが家庭を顧みない原因になるのではとの懸念があるからです。

しかし、コンサルタントという職業は、収入が安定しており、キャリアを一時的に中断したとしても再開しやすいというメリットもあります。この点は、経済的な安定を求める男性にとっては大きなプラスとなるでしょう。大切なのは、お互いの仕事や働き方を理解し合い、夫婦でどのように生活を構築していくかをしっかりと話し合うことです。それにより、互いの価値観や生活リズムを尊重した関係を築くことが可能になります。

9位:「営業ウーマン」 – 押しの強さが心配?

9位に選ばれたのは、営業職に従事する女性です。営業職というのは、顧客に対して積極的にアプローチを行い、説得力を持って商品やサービスを提案する必要があるため、自然とコミュニケーション能力が高く、押しの強い性格になりがちです。

多くの男性は、パートナーには柔らかく、受け入れることができる性格を好む傾向があります。そのため、営業職の女性が持つ可能性のある「言い負かされそうな強さ」は、結婚を意識する際にはマイナスポイントになり得ます。何かと議論が多くなりそうで、家庭内での平和が保たれにくいと感じる男性もいるでしょう。

しかし、この「押しの強さ」は、あくまで仕事上のもの。プライベートでは全く異なる一面を見せることも多いです。営業ウーマンは、自分のプライベートな一面や家庭での役割にどのように対応できるのかをしっかりと伝えることが重要です。また、仕事のやりがいや、仕事と家庭のバランスについての考えをきちんとパートナーに伝えることで、理解を深め合い、より良い関係を築くことができるでしょう。

10位:「クリエイター」 – 個性豊かすぎるのがネック?

10位にランクインしたのは、クリエイターの女性です。これには音楽家、アートディレクター、イラストレーター、コピーライター、カメラマンなど、様々な職種が含まれます。クリエイターと一言で言っても、その守備範囲は非常に広いですね。

クリエイターという職業柄、彼女たちは一般的な人々とは違った独自の世界観や価値観を持っていることが多く、その個性的な思考や生き方が「変わっている」と感じられることもあります。この「個性的すぎる」という点が、一部の男性からは結婚相手としては少し敬遠される理由になっているようです。

また、クリエイティブな仕事はインスピレーションが重要であり、仕事のペースが不規則であることも多いです。そのため、日常生活が不規則になりがちで、家庭生活を円滑に進めるのが難しいと感じる男性もいるかもしれません。

しかし、このようなクリエイターの女性と上手に付き合っていくためには、彼女たちの仕事に対する情熱や独自の世界観を理解し、尊重することが大切です。また、彼女たちの忙しいスケジュールを理解し、無理に予定を詰め込まないようにすることも重要です。クリエイター自身も、自分の仕事の将来性やキャリアパスをしっかりと検討し、パートナーにはその点を含めた全てをオープンにすることで、相互の理解を深めることができるでしょう。

結婚に不向きな職業は実際には存在しない!

これまで、男女別の「結婚したくない職業」についてランキング形式でご紹介してきましたが、ここで大切なことをお伝えしなければなりません。それは、実際には「結婚に不向きな職業」など存在しないという事実です。

もちろん、危険を伴う職業や、世界を飛び回るような職業など、ライフスタイルに大きな影響を及ぼすものもあります。しかし、それが結婚の障壁になるわけではありません。重要なのは、お互いの職業や生活スタイルを理解し、尊重しあえるパートナーを見つけることです。

これまでのランキングは、あくまでも一般的なイメージや社会的なステレオタイプに基づいたもの。ですが、現実はそれぞれの職業に対する理解や、その人とならどんな生活でも喜んで受け入れられるという思いがあれば、どんな職業であっても結婚は全く問題ありません

つまり、結婚は二人の間での信頼、尊重、理解が最も重要な要素であり、職業そのものが結婚の幸福を左右するものではないのです。お互いの違いを認め合い、サポートし合える関係こそが、真に意味のある結婚生活への鍵と言えるでしょう。

収入に関するステレオタイプはあるものの、結婚の可能性は誰にでも開かれている!

この記事では、男女それぞれが結婚したくないと感じる職業のランキングを展開してきました。一見すると、男性は低年収、女性は高年収の職業が敬遠されがちであるように思えますが、これは社会の持つステレオタイプや既成概念が背景にあるだけで、決して個々の結婚の可能性を測るものではありません。

もし自分の職業がランキングに名を連ねていたとしても、それが「結婚できない」というわけでは決してありません。大切なのは、自分自身を信じ自分の職業に誇りを持ちポジティブな姿勢で婚活に臨むことです。

結婚するパートナーとは、互いの職業を理解し合い、支え合える人であるべきです。そのようなパートナーシップが築ければ、どんな職業に就いていても、結婚という美しい旅路を歩むことができるのです。ですから、仕事への情熱や生きがいを大切にしながら、理解あるパートナーを見つけるチャンスは、誰にでも平等に与えられているのです!

\無料相談を実施している結婚相談所/

ツヴァイ公式サイト口コミ・評判🔍
フィオーレ公式サイト口コミ・評判🔍
ムスベル公式サイト口コミ・評判🔍
ゼクシイ縁結びエージェント公式サイト口コミ・評判🔍
サンマリエ公式サイト口コミ・評判🔍
パートナーエージェント公式サイト口コミ・評判🔍
オーネット公式サイト口コミ・評判🔍
IBJメンバーズ公式サイト口コミ・評判🔍
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

結婚相談所・マッチングアプリ

結婚相談所人気ランキング | マッチングアプリ人気ランキング

全国の結婚相談所

全国 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

年代・ケース別結婚相談所

20代におすすめの結婚相談所 | 30代におすすめの結婚相談所 | 40代におすすめの結婚相談所 | 50代/中高年におすすめの結婚相談所 | バツイチ・再婚におすすめの結婚相談所 | 完全オンラインの結婚相談所

年代・ケース別マッチングアプリ

20代におすすめのマッチングアプリ | 婚活におすすめのマッチングアプリ | バツイチ・再婚向けマッチングアプリ パパ活人気アプリ | 既婚者専門のマッチングアプリ

結婚相談所の記事

ツヴァイ | フィオーレ | サンマリエ | エン婚活エージェント | ムスベル | naco-do | ゼクシィ縁結びエージェント パートナーエージェント | スマリッジ | オーネット | オーネットスーペリア | IBJメンバーズ | ウィッシュ | ハッピーカムカム

マッチングアプリの記事

Pairsペアーズ | withウィズ | omiaiオミアイ | tappleタップル | Matchマッチドットコム | 東カレデート | マリッシュ | アンジュ | ブライダルネット | ゼクシィ縁結び | Ravit(ラビット) | ユーブライド |

シュガーダディ | ハッピーメール | ワクワクメール | PJ(ピージェイ)| 華の会メール | イククル | ラブアン

Healmateヒールメイト | アフタヌーン | Cuddleカドル | 既婚者クラブ | Ovensオーブンズ | MarriedGOマリーゴー

結婚相談所その他の記事

ツヴァイ体験レポート | 茜会 |

マッチングアプリその他の記事

マッチングアプリで成功する秘訣!女性が男性を選ぶ基準は何? | マッチングアプリで“脈あり”と“脈なし”を見分ける方法 | マッチングアプリで成功する会話!話題10選+避けたいNGトピック | マッチングアプリにろくな女がいない理由と対策! | マッチングアプリで上手にお断りする方法 |

その他恋愛・婚活の記事

異性と自然と出会う方法 | 彼女を作るための実践的アドバイスとコツ | 男性がボディタッチする心理を解説 | 40代男性、一生独身の可能性 | アラフォー女性は結婚が難しい? | 男性からの脈なしサインを脈ありに変える方法 | 急に冷たくなった女性の心理 | 女性が好きな人にだけ送るサイン | 子供部屋おばさんと結婚してはいけない理由 | みけぽ(ミケポ)女子との出会い方 | 男女が結婚を避けたいと思う職業 | 結婚してはいけない女性の特徴 |

目次