40代未婚男性、一生独身の可能性とその7つの特徴、解決法を解説

40代未婚男性の心理解析 アイキャッチ

当サイトはプロモーションが含まれます

将来を考えると不安や孤独を感じることがある…

今から婚活して結婚できるのだろうか?

40代の未婚男性が増える中、このような状況で日々を過ごしている人も少なくありません。
しかし、現代は「人生100年」とも言われ、まだまだこれからの人生が広がっています。

40代男性が結婚できる可能性は十分にありますが、そのためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。
そこで、今回は40代男性の婚活における重要な7つのポイントをご紹介します。

イチオシ結婚相談所

ツヴァイ

結婚に本気な人が9万人!出会いのチャンスが多い

超大手なのにコスパも◎。男女ともに出会いのクオリティが高い。

公式サイトで詳しく見る▷

Fiore ロゴ

フィオーレ

活動開始から約1ヶ月で交際スタート!

1ヶ月後の自分のために、無料相談から行動開始

公式サイトで詳しく見る▷

エン婚活エージェント

オンラインで成婚実績No.1

オンライン限定だから安い。時間効率UPで素早く婚活できる!

公式サイトで詳しく見る▷

監修者:YUMEMI 婚活アドバイザー

20代から30代前半にかけてマッチングアプリを活用し、30代半ばからは結婚相談所のサービスを利用してきた40歳の婚活アドバイザーです。

自身の豊富な婚活経験を生かし、現在は婚活をしている方々へのサポートに情熱を注いでいます。特に、出会いに困っている方や積極的に婚活を行えない方の支援に力を入れています。

実際に編集部の独身男性がツヴァイのマッチング無料体験に行ってきました!

実際の検索画面に表示された、写真とプロフィールに衝撃でした。

マッチングアプリとは全く別物です。

出会いの品質が想像よりずっとレベルが高いものでした。

目次

40代未婚男性の割合

総務省統計局が5年ごとに実施している国勢調査「人口等基本集計結果」によると、男女年齢別の未婚率が公表されています。
最新の令和2年国勢調査結果によると、40代の未婚男性の割合は以下の通りです。

40~44歳32.2%(3人に1人が未婚)
45~49歳29.9%(5人に1人が未婚)
参考:令和2年国勢調査より

40代全体で計算すると、男性はおよそ4人に1人以上を未婚者が占めていることになります。

どんなに婚活しても結婚できない男性とは?

結婚を希望して精力的に活動している方々の中には、なかなか結婚の機会が訪れない方も少なくないようです。婚活イベントの主催者や、私のような恋愛アドバイザー、また、結婚に関する専門家たちとの話し合いからも、結婚が難しいとされている方々の存在が明らかになっています。

この中には、外見や経済力、教育レベルが平均以上であるにも関わらず、結婚相手が見つからない方も含まれています。彼らの多くは、自分に何らかの問題があることに気づいていないようで、ただ出会いの数を増やすことで、自分を受け入れてくれるパートナーに出会えると信じています。

しかし、単に出会いの数を追求しても解決の糸口は見えないことが多いです。そんな方々が読者の中にもいらっしゃいましたら、この文章を読み進める中で、ご自身を客観的に見つめ直し、どこに問題点があるのかを再認識してみてください。

結婚に至る道のりは、個人の努力だけではなく、専門家のアドバイスや意見も大いに役立ちます。そうした第三者の意見を積極的に求め、自己改善に努めることで、素敵なパートナーとの出会いのチャンスも広がるでしょう。

もし、何らかの理由で結婚が難しく感じる場合は、結婚相談所のプロフェッショナルに相談し、助けを求めましょう。

40代男性が結婚できる確率

平成22年と平成27年の国勢調査に基づくデータによれば、40歳男性が5年以内に結婚できる確率は12.8%であり、45歳男性の場合は9.6%と、年齢が上がるにつれて少しずつ確率が低下します。
結婚したいと思っているのであれば、できるだけ早く婚活を始めることが重要です。

40代で判明!一生結婚できない男性の特徴7つ

  • 持ち家を所有している
  • 自分のことを若いと思っている
  • 年下の女性を希望するのが「普通」と誤解している
  • 妊娠や出産に対する理解が足りない
  • 40代でまだ実家で生活している男性
  • 婚活イベントを楽しんでいるだけの男性
  • 結婚できない原因を女性に求める男性

1. 持ち家を所有している

40代になると、多くの人は昭和時代の親たちが持っていた結婚観で結婚活動を始めることが一つの障害となり得ます。以前であれば、これがポジティブな側面と見なされたかもしれませんが、現代の状況ではそれが逆効果となる場合があります。

特に、マンションや一軒家を所有していることが例として挙げられます。

女性からは、「彼がタワマンに住んでいることを自慢してきて引いた」「彼には家があり、ローンもあるが、その家に一緒に住む女性を探していると言われ、お断りした」というような声を多く耳にします。

婚活サービス提供者からも、「お客様が二世帯住宅を建て、その家で一緒に生活してくれる奥さんを探していると相談され、困ってしまった」との話を聞くことがあります。特に名古屋近郊の東海地方では、このような古い価値観を持つ男性が多く、戸建てを所有してから結婚活動を続ける方が結婚できずにいます。

現代の女性は職に就いており、通勤の利便性や生活の利便性を重視します。水回りの設備や近くの商業施設の有無、そして子どもが生まれた際の学区も大切な検討ポイントです。

一人暮らしの男性が家を購入する際、これらのポイントを考慮しているでしょうか?多くの場合、これらのポイントは考慮されていない可能性があります。「売却すればいい」と思っていても、家はそう簡単に売れるわけではありません。

このため、家を持つことは、結婚活動においては慎重に考慮すべきポイントであり、所有の是非をよく考え、将来のパートナーシップとの調和を図る必要があります。

2.自分のことを若いと思っている

多くの女性は20代から将来を見据えて、自らのライフプランを考慮しています。確かに、子どもを望む場合、子どもを産む年齢は決して無限ではないですよね。また、友人や同僚の結婚や出産の流れも影響を与えることが多いです。そして、若い女性にはお誘いも増えるのが現実です。

しかし、男性にとっても「若さ」はとても大切な要素となります。だけど、この若さを過小評価してしまい、「まだ自分は若い」と感じている方々が少なくありません。

「40歳だって、それほど歳じゃないよね。男性は年齢に関係なく、子どもを持つことができるから」というような考え方をしている方は、結婚、そして出産や子育てのリアルな大変さをちょっと甘く見ているのかもしれませんね。

メディアでは、40代で結婚する有名人の話題も取り上げられることがあり、それを聞くと「私もまだ大丈夫」と安心してしまうこともあるかと思います。

また、ご自身の友人や知人がまだ独身で、焦りを感じない様子を見ると、余計にそう感じるのかもしれません。しかし、実際には9割近くの男性が20代から30代で結婚しています。こういった実情を踏まえ、適切なタイミングや準備を心掛けることが大切ですね。

3.年下の女性を希望するのが「普通」と誤解している

男性の中には、自分の年齢が増えるにつれて、より年下の女性と結婚を希望する傾向があるようです。リンクバルが運営する「街コンジャパン」の調査によれば、40代の男性の中で62%が年下の女性との結婚を望んでいるそうです。

「あれ?男性の多くは年下の女性との結婚を望むものでは?」と感じるかもしれませんね。

ただ、そういう考え方は、もしかしたら少し古いかもしれません。1980年代の出生動向基本調査では、9割の男性が年下の女性を希望していました。でも、2015年の同じ調査では、41%の男性が同年代の女性を望むようになっています。

近年の夫婦の年齢差も徐々に縮まってきており、2018年に結婚した初婚のカップルの平均年齢差は1.7歳。

驚くことに、夫婦のうち4組に1組は妻の方が年上なんですよ。

結婚相談所では、「年下の女性と結婚したい」と希望する男性が仲人を悩ませることがあるそうです。

ただ、結婚相談所などのサービスを利用するからといって、簡単に年下の女性と結婚できるわけではないのが現状。実際に結婚相談所で結婚した40代の男性の場合、平均的な年齢差は約5歳ほど。年下の女性と言っても、5歳差くらいまでの希望が最も現実的なようです。

とはいえ、40代の男性の中で、5歳差以内を希望する方は17%しかいないそう。最も多いのは、11~15歳差を希望するケースです。

結婚相談の現場からも、「10年、20年という大きな年齢差で若い女性に申し込む男性が増えている」という声を聞くことがあります。実際に、婚活中の女性たちは、10歳以上の年齢差がある男性からの申し込みに戸惑うことも多いのが現実です。

例えば、星野源さんが8歳年下の新垣結衣さんと結婚したことも話題になりましたが、彼は特別な存在。彼のようなスターの場合、結婚のパートナーとの年齢差が一般的なものとは異なることもあるかと思います。

4.妊娠や出産に対する理解が足りない

ある結婚相談所から、興味深いエピソードを伺いました。48歳の男性が入会し、「子どもが欲しい」という希望を持ちながら、10歳以上年下の女性ばかりを対象にしていたそうです。

非常に誠実な方でしたが、夫婦間の年齢差や、妊娠や出産に関する知識が少し不足していたようです。その後、彼はより現実的な希望に修正し、子どものいる女性や同年代の女性も対象に、お相手を探すことを選んでくれました。

彼のプロフィールには「子どもが欲しいため婚活中」という旨が書かれていたのですが、これを取り除くことに。一部の女性からは、子どもの出産や育児に関してのリアリティを疑問視する声も考えられます。

  • 「あなたの年齢でまだ子どもを持つことが可能だと思いますか?健康的な精子を保つための生活習慣や知識をご存知ですか?」
  • 「赤ちゃんが生まれるまでには約10ヶ月かかりますし、出会ってから結婚するまでにも一定の時間が必要です。考え方にもよりますが、最短で考えても約2年は見込む必要があるかもしれません。その時のあなたの年齢を考慮しましたか?」
  • 「子どもが高校を卒業するころ、ご自身の年齢を考えた時、教育費の計画はどのように考えていますか?」

事実、不妊の原因を調査すると、約半分のカップルで、男性側に問題があることがわかっています。これは、結婚し、子どもを望む夫婦を対象とした調査の結果で、20代や30代の男性も多く含まれているでしょう。

特に40代の男性は、自身の体の健康や生殖能力も考慮に入れ、子どもを望む際の現実的な計画を持つことが大切です。そして、子育ての役割についても、どれほどの協力が可能かを事前に考えておくことが重要ですね。

5.40代でまだ実家で生活している男性

「子ども部屋おじさん」というフレーズが広まっていますね。

実家暮らしの30代でも、婚活ではかなりのマイナスポイントです。40代の男性が実家暮らしとなれば、さらに評価は厳しくなります。

一般的に実家暮らしの女性ですら、実家暮らしの男性は避けがちです。これは事実です。

一人暮らしの経験があって、親のケアや特定の事情で実家に戻ったのなら、そのことはプロフィールに記載することをおすすめします。

でも、40代になるまで一度も実家を出たことがない男性が結婚を望むなら、それは正直厳しいです。「実家暮らしにもメリットがある」という考えは、甘えとしか思えません。多くの婚活女性たちは、自分の生活をきちんと管理している男性を望んでいます。

結婚を真剣に考えているのであれば、実家暮らしのラベルを捨てるべきです。もしできるなら、一人暮らしをすぐにでも始めましょう。

将来親が亡くなった後に、生まれて初めての一人暮らしは、年を取った上での大変さが倍増となります。

親との繋がりを断ち切れないことは、結婚の障壁になります。たとえ結婚したとしても、親に相談を求める男性は、奥さんから離婚を切り出されるリスクが高まります。この傾向は、高収入や公務員など安定した職に就いている男性にも見られます。

最近、ある方が興味深いエピソードをシェアしてくれました。彼女は収入の良い男性とのお見合いの際にこんな体験をしました

「彼は親の事業で大変活躍しており、親から提供されたマンションで住んでいると聞きました。その状況を考慮すると、少し独立心が不足しているのではないかと懸念しました。」

また、独身のお子さんの結婚を願う親御さんたち向けの婚活相談の中で、親御さんのアドバイスや希望が強く介入する場合、相手の女性が婚歴がないことを重視する傾向があるとのこと。実際、その相談所では、親御さんが主導で進めたケースでの成婚は少ないようです。

6.婚活イベントを楽しんでいるだけの男性

婚活を楽しむ姿勢を持つ男性もいることを知っていますか?多くの方との出会いを楽しむことは素晴らしいことですが、それだけで結婚のゴールを見失うことは残念です。

実際、ある女性は、「婚活イベントで知り合った方から、他の婚活イベントに一緒に参加しませんかと提案された」とお話ししてくれました。意外と、そういうエピソードは珍しくないようです。

実は、婚活イベントの主催者から「多くの男性が再び参加してくれるので、特に気に入ったイベントがあると、すぐに参加を決めてくれる」との声を聞いたことがあります。

また、結婚相談所の方からも興味深いお話を聞いたことがあります。「婚活イベントを”趣味”としてリストアップしている方もいる」とのこと。疑問に思うのは、結婚を目指して婚活を始めたはずなのに、なぜそれが趣味として位置づけられてしまうのかという点です。

こうした男性たちは、婚活の世界にとても詳しいです。そんな彼らが、ただの婚活のプロでなく、誰かの夫になることを願っています。

7.結婚できない原因を女性に求める男性

多分、ここを読んでいる方は自分に当てはまらないのではないかと考えているかもしれません。自分自身に原因があるのかもしれないと振り返っていることでしょう。

同じ過ちを繰り返す方も少なくありません。長期間婚活を続けている方もいれば、結婚相談所に10年以上在籍している方もいると聞きます。

ある仲人の話によれば、「女性から断られても『もう少し積極的にアプローチしていれば結婚できたのではないか』と勘違いしている男性がいます。しかし、お見合いした女性は時間が長く感じて辛かったと話していたのです。男性は女性の気持ちを理解できていないのです」と嘆いています。

このような男性は、無駄に自己評価が高く、自分に非がないと思い込んで現実を歪めて受け取ってしまっています。男性は結婚できない原因を婚活する女性に求めているのです。

実際、マッチングアプリでも結婚相談所でも、男性は良いプロフィール写真を選ぶことが難しい傾向にあります。結婚相談所では、男性に写真を改善するようアドバイスすることもあります。

若い世代なら、この助言を受け入れる人もいますが、40代の男性会員は、「写真を変えれば確実に結婚できるのか? 写真で選ぶのではなく、中身で選んでほしい」と反論することが多いようです。「仲人がスタジオ紹介料のキックバックをもらっているから言っているのでは」といった理屈をこねて、写真を変えない男性が多いのだとか。

中身を見てほしいということですが、実際の中身は大したものではないのです。

女性が40代男性に求めるもの

女性が40代男性に求めるものは

  • 理解力
  • 経済的安定
  • 真剣さ

の3つです。
女性が結婚相手として求めるものには一定の傾向がありますが、キャリアを積み、社会経験もある40代となると、求められるものの種類と程度が少し変化してきます。

1. 理解力

女性が40代男性に求めるもののひとつは、理解力や包容力です。

年上の男性を好む女性の中には、自分よりも人生経験がある40代男性に、仕事や人間関係の相談に乗ってもらいたいと考えている人も多くいます。相談を受けたときに的確にアドバイスでき、頼りがいがあると、お相手の女性に安心してもらいやすくなります。

ただし、上から目線ではなくお相手に寄り添ったアドバイスを心がけましょう。

2. 経済的安定

40代男性は、経済力を期待される可能性が高まります。
40代という年代は会社の中でも重要な役職に就いている人も多く、一定の収入があることを期待されやすいからです。

ただし、最近では共働き家庭も増え、ひと昔前ほど男性の経済力は重視されなくなったため、それほどプレッシャーに思う必要はありません。もしもご自身の経済力に自信がない人は、結婚後も働きたい意思を持った女性を探してみると良いでしょう。

3. 真剣さ

40代男性には、結婚への真剣度がとくに求められます。

40代男性の中には、自分の生活スタイルを確立しており、結婚する気がない人もいます。お相手の女性も40代独身男性に対しては「これまで結婚していなかったということは、これからも結婚する気がないのでは?」と疑心暗鬼になってしまいがちです。

お相手の不安を払しょくするためにも、結婚への真剣度の高さをアピールするようにしましょう。
可能であれば結婚までの明確な時期を伝えることで、お相手も安心してお付き合いに進めるでしょう。

40代未婚男性のための6つの孤独解消法

ここからは、未婚男性の孤独を解消する方法を、6つご紹介します。

40代未婚男性でも孤独や寂しさを和らげる方法はあります。どれも実践可能なものなので、興味を持った人はぜひ試してみてください。

  • 健康管理を心がける
  • 趣味やプライベートを充実させる
  • 家族や身近な友人とコミュニケーションを積極的に取る
  • 新しい友人を作る
  • 自分にとっての幸せを再考する
  • 結婚を意識した出会いを求める

1. 健康管理を心がける

40代の未婚男性が抱える孤独感を改善するには、健康管理が重要です。心身の健康は密接に関連しています。体の健康を維持することで、精神的にも前向きな気持ちになれます。

定期的な健康チェックや運動習慣の確立、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。病気になった際には、支える人がいないだけでなく、収入にも影響が出る可能性があります。健康管理を見直し、健やかな生活を送ることが、幸福な人生への第一歩です。

2. 趣味やプライベートを充実させる

孤独を感じやすい人は、趣味がなく、単調な生活を送ることが多いです。新しい趣味を見つけることで、孤独感や寂しさを軽減し、新たな出会いや体験の機会を得られます。

自分に合った趣味を見つけることで、退職後も楽しめる活動を見つけられるでしょう。それは生きがいを与え、充実した人生を築くことにつながります。

3. 家族や身近な友人とコミュニケーションを積極的に取る

家族や友人との交流を増やすことで、孤独感を減らし、心の健康を保つことができます。定期的に電話やメールで連絡を取り合い、積極的に会話を楽しんだり、一緒に食事に行くことで、大きな効果が期待できます。

また、何か困ったことがあった時には、連絡を取り合っている人に助けを求めることも重要です。

4. 新しい友人を作る

一人で楽しむことも良いですが、全てを一人でやることは難しいこともあります。しかし、40代になると、自ら行動を起こさない限り新しい出会いは得られません。普段行かない場所に足を運んだり、通常は断るような誘いに積極的に応じたりすることで、新たな人との出会いの幅が広がります。

例えば、一人で居酒屋に出かけることで友達が増えることもありますし、SNSで知り合った人と実際に会う機会を持つことも有益です。また、地域のイベントやボランティア活動、アウトドアのグループなどに積極的に参加することもお勧めです。趣味を通じた出会いは、孤独感を軽減し、新たな可能性を切り拓いてくれます。

5. 自分にとっての幸せを再考する

幸せの形は個々に異なります。そのため、今の自分にとっての幸せを再評価し、生活を見直すことが重要です。

年齢に関係なく、意志さえあれば新しいことに挑戦できる時代です。未婚であれば、意志さえ固まっていれば転職も可能です。スキルアップやキャリアチェンジは、現状を打破する大きな一歩となるでしょう。また、退職して田舎での生活を始め、自然の中で新たな開放感を得るのも良い選択肢です。

少し生活を変えるだけでも、孤独感が減るかもしれません。未婚であるからこそ、自由に挑戦できる可能性があります。

6. 結婚を意識した出会いを求める

一人でいると孤独を感じる場合、共に歩むパートナーを見つけることで孤独感から解放されるかもしれません。結婚を意識しているにもかかわらず、相手に恵まれない人は少なくありません。

最近では、40代の未婚男性向けにオンライン結婚相談所が人気です。外出せずに婚活を行えるため、忙しい人にもぴったりです。さらに、アドバイザーがサポートしてくれる点も、一般のマッチングアプリとは異なります。

40代男性が婚活する3つの方法

40代男性が若かった頃のように婚活をしても、スムーズにお付き合いまで進まない場合が多いです。同世代の独身女性との出会いが日常では難しくなっているため、結婚意志のある人が集まりやすい婚活サービスを利用するのがおすすめです。

婚活サービスには、婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所などがあります。それぞれの特徴やプランによって異なるので、自分に合った方法を選びましょう。

  • 婚活アプリ
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

1. 婚活アプリ

婚活アプリは、結婚相手を探す人がプロフィールを掲載し、メッセージのやりとりを通じて候補者と出会えるサービスです。

利用料金は、1ヵ月最大4,000円程度で、女性は無料のサービスもあります。時間や場所を選ばずに婚活でき、多くの会員数から自分に合った相手を見つけられるのが特徴です。

ただし、マッチングしてから会うまでには地道なアプローチが求められ、根気よく婚活を続けられる人に向いています。

2. 婚活パーティー

婚活パーティーは、結婚相手を探す人が集まるイベントで、費用は1回3,000~5,000円程度です。

1対1の個室形式や、100人程度の短い自己紹介をする大人数形式、立食パーティーなど、様々な形式があります。条件付きのパーティーもあり、「〇〇代の男性限定」「バツイチ歓迎」「マンガ好き集まれ」など、自分に合った相手に出会いやすい仕組みもあります。

どの形式も短い時間で相手を見極める必要があるため、インスピレーションを大切にしたい人に向いています。

3. 結婚相談所

結婚相談所は、結婚を真剣に考える人に出会いとサポートを提供するサービスです。

入会金は5~10万円、月額利用料は1~2万円で、成婚料として5~20万円かかる場合もあり、費用は安くありません。しかし、婚活のプロからのアドバイスやサポートを受けられるため、自力での婚活がうまくいかない人や、プロのサポートを受けながら婚活を進めたい人に向いています。

女性も男性と同額の料金を支払うことが一般的であり、経済力のある自立した女性が活動している傾向があります。

結婚相談所では入会時に独身・収入証明書の提出が求められ、審査も厳しいため、真剣に結婚を考える人が集まりやすいです。条件が合う相手とだけお見合いできるため、出会いの効率が良いと言えます。

40代男性が婚活で成功するためのコツ

40代の男性は年齢を重ねるにつれて、婚活で留意すべき点があります。これらのポイントを押さえた活動をすることで、同世代の他の人よりも早く婚活を終えられる可能性が高まりますので、忘れずに取り組みましょう。

成功するためには、「自分に合った婚活方法を選ぶこと」、「選り好みをしないこと」、「将来を見据えた相手探しをすること」が重要です。

  • 自分に合った婚活方法を見つける
  • 選り好みをしない
  • 将来を見据えた相手探しをする

自分に合った婚活方法を見つける

40代男性が成功するためには、自分に合った婚活方法を見つけることが重要です。婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所など、さまざまな方法があります。それぞれの特徴や会員層を考慮して選択しましょう。

選り好みをしない

特に40代の男性は、選り好みをしないことが大切です。年齢が上がるにつれて未婚の女性の数は減っています。条件にこだわりすぎず、柔軟な姿勢で相手との出会いを探しましょう。

将来を見据えた相手探しをする

将来を考えて結婚するのであれば、相手の将来像も重要です。単なる条件だけでなく、相性や価値観を重視して相手を選ぶことが、幸せな結婚生活につながります。

まとめ

40代男性が結婚を考えるなら、積極的に行動することが大切です。
『今からでも婚活を始めて大丈夫かな?』と迷っている人は、第三者に相談してみるとよいかもしれません。

ただし、近年は40代でも未婚の人が珍しくありません。
結婚そのものに興味がなく、自分軸で人生を謳歌している人がいるのも事実です。

周囲の目を気にする必要はありませんが、40代の未婚男性が感じる孤独は、若い頃とは異なるものです。将来を見据えるなら、健康管理や人生のプランの準備も大切です。

不安を感じたり、『結婚してもいいかな』と思ったら、婚活を試してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

結婚相談所・マッチングアプリ

結婚相談所人気ランキング | マッチングアプリ人気ランキング

全国の結婚相談所

全国 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

年代・ケース別結婚相談所

20代におすすめの結婚相談所 | 30代におすすめの結婚相談所 | 40代におすすめの結婚相談所 | 50代/中高年におすすめの結婚相談所 | バツイチ・再婚におすすめの結婚相談所 | 完全オンラインの結婚相談所

年代・ケース別マッチングアプリ

20代におすすめのマッチングアプリ | 婚活におすすめのマッチングアプリ | バツイチ・再婚向けマッチングアプリ パパ活人気アプリ | 既婚者専門のマッチングアプリ

結婚相談所の記事

ツヴァイ | フィオーレ | サンマリエ | エン婚活エージェント | ムスベル | naco-do | ゼクシィ縁結びエージェント パートナーエージェント | スマリッジ | オーネット | オーネットスーペリア | IBJメンバーズ | ウィッシュ | ハッピーカムカム

マッチングアプリの記事

Pairsペアーズ | withウィズ | omiaiオミアイ | tappleタップル | Matchマッチドットコム | 東カレデート | マリッシュ | アンジュ | ブライダルネット | ゼクシィ縁結び | Ravit(ラビット) | ユーブライド |

シュガーダディ | ハッピーメール | ワクワクメール | PJ(ピージェイ)| 華の会メール | イククル | ラブアン

Healmateヒールメイト | アフタヌーン | Cuddleカドル | 既婚者クラブ | Ovensオーブンズ | MarriedGOマリーゴー

結婚相談所その他の記事

ツヴァイ体験レポート | 茜会 |

マッチングアプリその他の記事

マッチングアプリで成功する秘訣!女性が男性を選ぶ基準は何? | マッチングアプリで“脈あり”と“脈なし”を見分ける方法 | マッチングアプリで成功する会話!話題10選+避けたいNGトピック | マッチングアプリにろくな女がいない理由と対策! | マッチングアプリで上手にお断りする方法 |

その他恋愛・婚活の記事

異性と自然と出会う方法 | 彼女を作るための実践的アドバイスとコツ | 男性がボディタッチする心理を解説 | 40代男性、一生独身の可能性 | アラフォー女性は結婚が難しい? | 男性からの脈なしサインを脈ありに変える方法 | 急に冷たくなった女性の心理 | 女性が好きな人にだけ送るサイン | 子供部屋おばさんと結婚してはいけない理由 | みけぽ(ミケポ)女子との出会い方 | 男女が結婚を避けたいと思う職業 | 結婚してはいけない女性の特徴 |

目次