独身の寂しさを乗り越える方法 | 心細さを感じる独身者へのアドバイス

独身の方へ 寂しさを乗り越える方法

当サイトはプロモーションが含まれます

独身の時間、少し寂しさを感じていますか?

心の中で結婚を選ばない方や、さまざまな状況で結婚のタイミングを逸してしまった方々が、時折、心の片隅で独身の日々が少し心細いと思うこともあるかと思います。

独身という選択や状況が、果たして寂しいのか、それともただの一時的な気持ちの浮き沈みなのでしょうか。そして、もし独身の生活にちょっとした寂しさや孤独を感じることがあれば、どのようにそれを受け入れ、また前向きに変えていくのか。

この記事では、独身時代の心の揺らぎを男性と女性の視点から深掘りし、そして独身時代の心細さや孤独を和らげるための方法について、優しくご紹介していきます。

何とかこの心細さをどうにかしたい…

監修者:YUMEMI 婚活アドバイザー

20代から30代前半にかけてマッチングアプリを活用し、30代半ばからは結婚相談所のサービスを利用してきた40歳の婚活アドバイザーです。

自身の豊富な婚活経験を生かし、現在は婚活をしている方々へのサポートに情熱を注いでいます。特に、出会いに困っている方や積極的に婚活を行えない方の支援に力を入れています。

あわせて読みたい
一生独身を選択するか、焦って結婚するのか!? 結婚に関して「行き遅れ」や「売れ残り」といった表現がよく耳に入ります。 しかし、本当に焦って結婚する方がよいのか、それとも待つべきなのか、多くの人が自らの選択...
目次

独身の男女が心細さを感じる時

独身の男性・女性たちが、日常の中で心の隅に少しの寂しさを感じるのは、いったいどのような瞬間なのでしょうか。

たくさんの独身男性・女性たちとの会話の中で、特に心細く感じる瞬間には、以下のような場面が挙げられました。

独身男性が心細さを感じる瞬間①健康を害した際、隣に支えてくれる存在がいない時

頻繁に挙げられる感覚は、体調を崩した際の心の揺らぎです。

多くの一人暮らしの独身男性は、体調が悪化しても身の回りの世話をしてくれる人が不在であるため、自分で食事を用意したり、必要な物を購入に外出することも難しく、そのときの孤立感や心の空虚さを深く感じることがよくあるようです。

体調が不良な時に、自分を気遣ってくれる誰かがいないという状況は、確かにとても心が痛むものです。

独身女性が心の揺らぎを感じる瞬間②愛を共有するカップルの姿を目の当たりにした時

都会の喧騒や公園の静けさの中で、幸せいっぱいのカップルの姿に出会うと、心の中でちょっとした切なさを感じる女性は少なくありません。

仕事や趣味で忙しい日々を過ごしている中で、突如として愛情深く過ごすカップルの光景に遭遇すると、共に時間を共有するパートナーの存在や結婚の温かさを強く求める思いが湧き上がり、その瞬間の心の空虚さを実感することがしばしばだと感じる声をよく耳にします。

独身女性が心にぽっかりと空いた感覚を抱える瞬間③親の家を後にして自分の住まいに戻る時

たくさんの独身女性からよく伺う感覚のひとつが、実家での楽しい時間を経て、再び自分のひとり暮らしの場所へと足を踏み入れるその瞬間です。

例えば、年末年始や長い休みを利用して家族の元に帰省し、親や兄弟、そしてかわいい甥や姪たちと楽しい時を共有して過ごす。そういった温かい家族の中での時間から、再び自分の暮らしの場所へと戻ると、その落差からくる孤独感や静けさが胸の中に重くのしかかってくる、という気持ちを抱える女性は意外と多いのです。

独身女性が心の孤独を強く感じる瞬間④クリスマスや特別な祝日に自分だけがひとりで過ごす時

季節や特別な日によって感じる心の揺らぎは人それぞれですが、クリスマスや大切な祝日などの特別な時期に、自身がひとりの時間を持つことになったとき、その寂しさを身に沁みるように感じる女性は実は多いのです。

そういった日々に、親しい友人や隣の家族が楽しげな笑顔を交わしている中で、自分だけがその温かさに包まれていないことを実感すると、心の中にぽっかりとした空虚感が広がってしまうことがある、という共感の声をたくさん耳にします。

独身女性が心に深い独り感を抱える瞬間⑤友人や職場の仲間たちの結婚ラッシュが続く時

友人や同僚たちが次々と結婚の門をくぐる中、その波に取り残されてしまったような気持ちになる瞬間、多くの独身女性は寂しさを感じることがあります。

確かに、日々の生活の中で独身の自由さや、自分のペースで生きる楽しさを満喫しているときもある。しかしながら、親しい人々が人生の新たな節目を迎えていく中で、自分だけが変わらずその場に留まっているような感覚になり、心に淡い不安や寂しさが浮かんでくることがあるのも、当然の人間の心情です。

50代の独身男性・女性が深いシングル感を覚える背景

30代や40代の頃、多くの人々は独身の自由さや、自分の時間を自分だけのために使える楽しみを大切にしてきました。しかしながら、50代を迎えると、突然、深い独り感や寂しさに打ちひしがれることがあるのはなぜでしょうか。

50代に差し掛かると、人生の後半を迎えることの意識や、将来に対する不安など、さまざまな感情が交錯する中、独身でいることの寂しさや孤独感を特に強く感じることがあるのかもしれません。50代の独身男性・女性がこれほどまでに独りを強く感じる背景や理由を、一緒に考えてみましょう。

30代・40代の独身と50代独身、その心境の変化

30代の多くの人々は、「もし結婚を望むなら、そのタイミングは自分で選べる」という自信に満ちています。その理由として、過去に結婚を真剣に考えた相手がいたり、結婚のプロポーズを断ったことがあるなどの経験を持つ人が多いからです。

そして40代に入ると、独りでの日常に寂しさを感じ、婚活に取り組む人が増えます。しかし、期待に反してすぐに相手を見つけるのが難しく、多くの人々がその実情を感じます。けれども、40代の段階で、まだ新しい未来を見据える希望が持てる人が多いのが実情です。

一方、50代を迎えると、身の回りの多くの人々が結婚し、子供や孫に囲まれた家庭を築いているのを見て、焦燥感や孤独感が増してきます。この年齢になると、新しいパートナーを見つけるための基準が厳格になり、自分がこれ以上待っても結婚することが難しいのではないかという不安や失望感が強まることがあります。

特に、女性にとっては、子供を持つチャンスがなくなった50代は、生涯子供を持たないままであることの実感が増し、その現実に打ちのめされることがあるのです。

独身生活での孤独感、どう向き合うべき?

独身生活は選んでのことか、何らかの事情でそうなったのか、時々心の中で孤独を感じることがあるかもしれません。そんな時、どのようにその感情と対峙すれば良いのでしょうか。結婚を願う人は、時間が過ぎても結婚の希望を放棄することなく、共に未来を築くことができる相手を探求する気持ちを大切にしてみてください。

実際、50代でも結婚相談所に登録している方は少なくなってきますが、それでも50歳を過ぎた後に結婚する方はいらっしゃいます。また、過去の離婚や配偶者の死などで独身となった方々も、新たな人生の伴侶を探して再び幸せを追求する人が少なくありません。もし、孤独を感じつつも独身の自由な時間を大事にしたいと思うのであれば、心から楽しめる瞬間や時間を増やしてみてください。新しい趣味を始めるのもおすすめですし、心の近い友人との質の良い時間を持つことも大事です。

人生は限られた時間です。それぞれの選択と価値観を大切に、自分らしい人生を精一杯楽しんでみてください。

孤独死への懸念とその対策

独りでの生活が長期化すると、自然と孤独死に対する懸念が頭をよぎることがあるかもしれません。時々メディアで伝えられる、気付かれないまま静かに過ぎてしまった方の物語を知ると、今は元気であっても「自分もその状況になるのでは?」と思ってしまうことは、多くの人が経験する心の動きです。

孤独死への懸念を緩和するための秘訣は、実はとてもシンプルです。親しい家族や友人、近所の方々との関係性を保ち、コミュニケーションの網をしっかりと構築しておくことが大切です。実際、孤独死の背後には、時が経つにつれて身近な人たちとの繋がりが希薄になってしまうという現実が潜んでいます。

しかし、定期的に誰かと交流の機会を持つことで、何かあった時には速やかに手を差し伸べてもらえる環境を築くことができます。独り暮らしの方は、人々との関係性をしっかり築くことで、心の安寧を得ることができるでしょう。

独身の生活というのは、実際にどれほど孤独なのか

私たちが考えてきた「独身の孤独」について、その実態はどれほどのものなのでしょう。確かに、愉快な家族やパートナーと一緒に過ごす人々の姿を見かけると、一抹の寂しさを覚えることがあるでしょう。しかし、独身の自由を存分に楽しむことも十分可能です。

選択の自由があるのです。家族を持つこと、あるいは独身としての時間を満喫すること。どちらを選んでも良い。人々の視線や意見に流されず、もし自分の現状に満足して、その瞬間、その時間を幸せだと感じているのであれば、それこそが真実の幸せと言えるでしょう。

自分だけの時間を心から楽しんでいるならば、そのまま続けていただきたい。しかし、もし共に時を過ごす伴侶を強く望むのであれば、そうした願望に応える形で理想の相手と出会う道はきっと開けるでしょう。

もし独身生活が心寂しいと感じるなら、伴侶を見つけるのも一つの選択

我々人間は、自らの道を切り拓く選択権を持つ存在です。もし、独身というステータスが孤独と感じられるのであれば、それに変化を求めることもできます。年齢に縛られず、愛するパートナーとの共生はもちろんのこと、結婚を選ばないものの、心から信頼できる友人や仲間との共同生活も実現可能です。例えば、シェアハウスでは、共有エリアでの友情と、自分だけの部屋での独自の時間というバランスを取りながら過ごすこともできます。

年齢を重ねても、私たちの選択肢は多岐にわたる。それを思い出すだけで、独身の孤独感から距離を置く手助けになるかもしれませんね。

独身生活に疲れた、結婚を希望するならば、結婚相談所を利用しよう。

結婚相談所は、寂しさを感じる50代になる前に、30代や40代での早期の婚活が、希望する相手との出会いのチャンスを大きく広げてくれます。

価格で選ぶなら、オンライン型結婚相談所の「エン婚活エージェント」がオススメ

エン婚活エージェントは、オンラインの結婚相談所として成婚実績がNo.1

オンラインだから、忙しい人も、全てオンラインで進められるし、ちゃんとした結婚相談所なのに、費用が安いのが嬉しいポイント。

全額返金保証付きなので、初めて婚活を始める人も安心して始められます。

驚くべきことに、90%の人が1年以内に成婚。しかも費用は他の結婚相談所の半額以下。

今なら登録料無料キャンペーン中。最初の結婚相談所デビューに「エン婚活エージェント」を試してみるのはアリですね!

エン婚活エージェントの詳細

エン婚活エージェントの特徴・全てオンラインで手続き可能なためコストパフォーマンスが良い
・個別のアドバイザーが全面的にサポート
成婚率は30%と業界内でも優れている(6ヶ月以上続ける人対象)
・東京証券取引所一部上場の企業グループが運営
エン婚活エージェントの会員数/男女比率約30,000人(2023年)(コネクトシップ加盟)
女性と男性がそれぞれ50%
30代が最も多く、全体の約55%を占める
エン婚活エージェントの料金体系入会金10,780円・月会費14,300円/月・結婚した時の料金は0円
エン婚活エージェントのデメリット利用可能な地域が限られているため、その範囲外では利用できないことがある
エン婚活エージェントの運営会社エン婚活エージェント株式会社

対応エリア

・北海道エリア(北海道)
・関東エリア(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、群馬県、茨城県、栃木県)
・東北エリア(宮城県)
・中部エリア(静岡県)
・東海エリア(愛知県、岐阜県、三重県)
・関西エリア(大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県)
・中国エリア(広島県、岡山県、山口県)
・九州エリア(福岡県、佐賀県、熊本県)

\今なら登録料無料キャンペーン中/

公式サイト

https://en-konkatsu.com/

結婚相談所らしい力強いサポートなら「パートナーエージェント」がオススメ

「パートナーエージェント」なら、”成婚”はもはや夢じゃない!4年連続で成婚率業界No.1を獲得し、その秘訣は1対1の婚活サポートと質の高いサービス。それぞれのメンバーに専任コンシェルジュがついて、その人だけに合わせた婚活設計をサポートしてくれます。

そして、なんといっても自信の証、3か月以内にマッチングが成立しなければ、登録料全額返金!この強気な姿勢、かっこいいですよね。

品質やサポートを重視したパートナーエージェントは、「結果が出る」ことに特化した新しいタイプの結婚相談所。業界を変え、良くすることを目指しています。

なんて素晴らしいんでしょう。「パートナーエージェント」なら、理想の結婚は間違いなく現実になる!

ぜひ一度、その魅力を体感してみてくださいね。

パートナーエージェントの詳細

パートナーエージェントの特徴 ・2019年4月から2020年3月の成婚率は27.2%
・専任のコンシェルジュがフルタイムでサポート
・1年以内の交際率が93%、1年以内の成婚率が65%
・年間で30万件以上のお見合いが行われています
・運営は東証マザーズに上場している企業
パートナーエージェントの会員数/男女比率 7.3万人(2023年)(コネクトシップとSCRUMの加盟会社)仲人型 女性55%:男性45% 女性は主に30代、男性は30代後半から40代前半が中心
パートナーエージェントの料金体系 初期費用が137,500円・月会費は18,700円/月・成婚料は55,000円(コンシェルジュコース)
パートナーエージェントのデメリット入会審査が厳しく、会員の質を維持する方針があります。
パートナーエージェントの運営会社株式会社タメニー

対応地域

◆全国に店舗展開 (近隣に店舗がない場合はオンラインで対応します)

◆北海道エリア 札幌

◆東北エリア 仙台

◆関東エリア 新宿|銀座|池袋|上野|横浜|大宮|船橋|高崎

◆関西エリア 大阪|京都|神戸

◆中部エリア 名古屋|静岡

◆九州エリア 福岡

口コミ・評判

出会って5日で結婚を決めた:女性からの口コミ

『お相手が到着したら、まずは挨拶から始めてくださいね』というお言葉から始まり、服装や会話についての詳細な指南をいただきました。 私の楽観的な様子に対し、担当者は心配してくださったようです。 こんなにサポートしてもらえるなんて驚きました。

出典:公式サイトの成婚インタビュー

\結果にこだわる結婚相談所、あなたが本気なら…/

公式サイト

https://www.p-a.jp/

どうか悔いのない選択を選んでくださいね。

目次