36歳/37歳/38歳/39歳女性必見!婚活すべき5つの理由と一生独身のリスク

当サイトはプロモーションが含まれます

もしもあなたが36歳の女性であるなら、あなたが属する未婚者のグループは、全体のわずか9%だけということ、ご存知でしたか?

91%の女性が既に結婚しているというのが現状です。

これを善か悪かで判断するものではありません。ただ、婚活を始めるなら、これらの事実を把握した上でスタートすることが大切。

なぜなら、現状を理解せずに活動を開始するよりも、市場の動向を把握したうえで婚活を進める方が、行動の質に差が出てくるからです。

イチオシ結婚相談所

ツヴァイ

結婚に本気な人が9万人!出会いのチャンスが多い

超大手なのに無理のない価格。官公庁・一部上場企業の福利厚生になっているので安心して利用できる。

公式サイト▷

フィオーレ

活動開始から約1ヶ月で交際スタート!

平均で1ヶ月後に結婚を真剣に考えている人とお付き合い。無料相談から初めてみよう!

公式サイト▷

エン婚活エージェント

オンラインで成婚実績No.1

オンライン限定だから面倒なことは一切ナシ。時間効率UPで素早く婚活できる!

公式サイト▷

監修者:YUMEMI 婚活アドバイザー

20代から30代前半にかけてマッチングアプリを活用し、30代半ばからは結婚相談所のサービスを利用してきた40歳の婚活アドバイザーです。

自身の豊富な婚活経験を生かし、現在は婚活をしている方々へのサポートに情熱を注いでいます。特に、出会いに困っている方や積極的に婚活を行えない方の支援に力を入れています。

特に、30代後半(36歳/37歳/38歳/39歳)のアラフォー女性たちにとっては、独身生活の中での焦りと日常生活や仕事の充実感がせめぎ合っていることが多いようです。その結果、婚活がなかなか優先順位に上がらない、と感じる方も少なくないかもしれません。

仮にあなたが30代後半で、結婚への焦りを感じているなら、以下のような特徴を持つ方々と同じかもしれません。

  • 年収が平均より高く、仕事にやりがいを感じ、日々が楽しく充実している
  • 自分自身を磨くための趣味や学びに時間を投資していて、その結果婚活に割く時間が少ない
  • 生活リズムが会社と家の往復に限られ、新たな出会いがほとんどない
  • 恋愛の経験が少なく、男性とのコミュニケーションに自信がない
  • 自分の見た目や体形に対する不安感から、男性に自分からアプローチするのが難しい

結婚しない理由は一人ひとり異なります。しかし、現代は晩婚化が進んでいて、36歳/37歳/38歳/39歳の年齢であっても、これから婚活を開始して結婚を目指す女性は多く存在します。

もしもあなたがすぐに婚活を始めるとしたら、3ヶ月から6ヶ月程度で理想のパートナーを見つける可能性もあるでしょう。そして、1年以内には結婚式を挙げることも夢ではありません

結婚を早期に確実に達成したいのなら、マッチングアプリよりも結婚相談所が良い選択肢であるかもしれません。

これは、結婚相談所ならプロの仲人が間に入ってくれるため、適切なマッチングを行ってくれる可能性が高いからです。

結婚を真剣に考えている人たちが集まる場所で、自身の理想とするパートナーと出会う確率は格段に上がります。

目次

30代後半(36歳/37歳/38歳/39歳)婚活における苦労

新しい恋の芽生えが少なくなっている

なんとなく、36歳から39歳の女性が婚活を考え始める最初の理由は、新しい出会いの機会が次第に減ってきていることかもしれませんね。

この歳になると、自分の周りの関係は仕事、友人、知人といったお馴染みの面々で固まり、新鮮な出会いを期待するのは難しくなるかもしれません。

新しい男性とのロマンティックな出会いを期待するのはちょっと難しいかもしれませんね。確かに、既存の人間関係から新たな出会いが生まれる可能性はあります。しかし、ただ待っているだけではなかなか物事は進まないものです。

そこで、友達に紹介をお願いしたり、気になる男性をディナーに誘うなどの積極的なアクションが必要となるのです。これらの行動は、まさに婚活そのものと言えます。

20代の頃と違って、男性からどんどんと誘われるというわけにはいかないでしょう。だからこそ、あなた自身が主導権を握り、男性を誘ってみる必要があります。

日常の新しい出会いが減少しているからこそ、新たな恋のきっかけを作るためには積極的に動かなければならないのです。

婚活市場での求められやすさが曲がり角に

婚活の世界では、36歳から39歳の年齢に差し掛かると、あなたに対する需要が突如として減り始めます

だからこそ、婚活を早めにスタートして、可能な限り若い内に男性とコンタクトを取ることが、結婚への近道となるのです。

「女性が年齢で判断されるなんて不公平だ」と感じるかもしれません。しかし、これは厳しい現実なのです。同じように男性も「年収だけで判断されるのは不公平だ」と思うかもしれませんが、年収は結婚の決定要素の一つとなります。

36歳から39歳のあなたでも、まだまだ婚活に成功する可能性はたくさんあります。ただし、40代に突入すると一気に需要は減り、マッチングする男性も50代から60代と、少し年配になってしまうかもしれません。

それゆえ、40代を迎える前に、早く婚活をスタートすることが大切です。未来のパートナーとの素敵な出会いを、一緒に探しましょう。

チャンスが半分になる妊娠のリアル

あなたが36歳から39歳の間にいるなら、もしかするとこの現実をすでに感じているかもしれません。

この年齢帯の女性にとって、20代と比較すると自然な妊娠のチャンスはおおよそ半分に減少してしまいます。

もしも36歳から39歳の間に結婚して1年間で妊娠しなかった場合、医学的には「不妊症」と判断される可能性があるとされています。

これは、20代の女性の場合、結婚後2年間妊娠しなかった場合に「不妊症」とされるのとは対照的です。その違いは、36歳から39歳の場合、閉経までの時間が短いため、1年間で不妊症と診断される方が、残された時間を効率的に活用できるからです。

皆さんもよく知っている通り、妊娠については、年齢が若いほど卵子の質が良く、また卵子の数も多いということが普通です。もし子供を望んでいないのならば、妊娠のタイムリミットはあなたの婚活に直接影響を与えることはありません。しかし、もし子供を望んでいるのであれば、早期に婚活を始めることをおすすめします。

確かに、結婚は妊娠を前提としたものではありません。しかし、時間は一度過ぎてしまうと戻ることはできませんし、後悔したところで過去には戻れません。多くの人が婚活を早く始めていればよかったと後悔しています。だからこそ、婚活はあなたの人生にとって重要な優先事項として取り組むべきなのです。

年齢とともに見えてくる外見の変化

36歳から39歳の間になると、体の変化を感じる人が多いです。

例えば、白髪が増えてきたり、髪の毛が細くなりコシがなくなったり、下腹部がぽっこりとしてきたり、肌の色がくすんだりといった変化が起きます。これらの変化は、20代の頃にはあまり気にならなかったことでも、36歳から39歳の間になると一気に美しい容姿を維持するのが難しくなります。

外見は婚活における重要な要素であり、良いパートナーを見つけるためには、男性も女性も見た目をきちんと手入れすることが大切です。特に、写真映えするような見た目は婚活の成功に直結します。

年齢とともに見た目が変わる中で、可能な限り早くパートナーを見つけることが、結婚への近道となるでしょう。

相手との年齢差が広がる、それが現実

今、あなたが直面する最も重要なテーマが、パートナーとの年齢差の問題です。これが、36歳から39歳のあなたが婚活を考えるべき最後の理由です。

結婚相談所や調査データを眺めてみると、一般的には男女間の年齢差は最大で5歳がちょうどいいとされています。これを具体的な数字に置き換えてみると、あなたが35歳だとすると、最適なパートナーは40歳まで、ということになります。

しかし、36歳以上になると、話は少し変わってきます。なぜなら、その年齢層の女性は「出産のリミット」に迫りつつあるため、40代前半の男性も自然と30代前半の女性を求めるようになるからです。

つまり、男性の40歳から44歳は女性の30歳から33歳を理想のパートナーとして見る傾向が強いのです。

これが意味するのは、36歳から39歳の女性は45歳以上の男性とマッチングする可能性が高まる、ということ。結果として、あなたが直面する可能性のある年齢差は5歳以上に広がります。

もちろん、年上の男性と結婚することに抵抗がなければ問題はありません。しかし、年齢差が気になるというあなたにとっては、これは少々厳しい現実かもしれません。なぜなら、あなたの競争相手はますます若い女性になっていくからです。

だからこそ、あなたが1歳でも若ければ、その分だけ男性との年齢差も縮まります。そして、それが若い男性との出会いの可能性を広げるのです。

\イチオシの結婚相談所比較/

結婚相談所名ポイント料金

ツヴァイ
公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
結婚相談所の超大手だから全国に会員がいる
官公庁、一部上場企業の福利厚生で出会いのクオリティが高い
お相手探しのサービスが充実

>口コミ・評判はこちら
初期費用118,800円
※割引プランあり
月額15,950円


公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
オリコン顧客満足度1位だから納得のサービス内容
コストパフォーマンスが良い
お相手探しのサービスが充実

>口コミ・評判はこちら
スタンダードプラン
初期費用99,000円
月額17,600円


公式サイト
オンラインのみ データマッチング
オンライン結婚相談所 成婚実績No.1
来店不要で忙しい人に便利
価格がお手頃

>口コミ・評判はこちら
キャンペーン中
初期費用10,780円
月額14,300円


公式サイト
オンラインのみ データマッチング
価格がとにかくリーズナブル
来店不要で忙しい人に便利

婚活アプリ、マッチングアプリより真剣な出会いができる
>口コミ・評判はこちら
初期費用6,600円
月額9,900円


公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
お相手検索も申込みも無制限だから、積極的にアプローチできる
サービスとサポートが充実
実はほぼ全国に対応している

>口コミ・評判はこちら
キャンペーン中
リミテッドコース
初期費用33,000円
16,500円
月額8,800円
成婚料110,000円


公式サイト
店舗*オンライン 仲介
1:1のフルサポートで婚活の悩みに手厚い
ハンドメイドマッチングで本当に相性の良い人と出会える
仲介型では珍しく、ほぼ全国に対応している

>口コミ・評判はこちら
スタンダードコース
初期費用187,000円
※割引プランあり
月額17,600円
成婚料220,000円


公式サイト
オンラインのみ データマッチング
3カ月以内に93.8%の人がお見合い
スマホで完結
月額費用が安い

>口コミ・評判はこちら
初期費用14,200円
月額8,800円
お見合い料
申込み1件473円

ムスベル

公式サイト
店舗*オンライン 仲介
1:1の丁寧なサポート
婚活の難易度が高い40代、50代に強い
お相手紹介の満足度が高い

>口コミ・評判はこちら
レギュラーコース
初期費用330,000円
月額15,400円
成婚料330,000円


公式サイト
店舗*オンライン 仲介
結果にこだわる結婚相談所
結婚までのステップが明確

手厚いサービスなのにコスパが良い
>口コミ・評判はこちら
コンシェルジュコース
初期費用137,500円
月額16,500円〜
成婚料55,000円


公式サイト
店舗*オンライン データマッチング
歴史ある結婚相談所
会員数が多い

>口コミ・評判はこちら
初期費用122,600円
月額18,700円


公式サイト
店舗*オンライン ハイブリッド
短期間での成婚を目指す人々が多い
業界内でのトップクラスの仲人ネットワーク

>口コミ・評判はこちら
初期費用252,450円
月額17,050円
成婚料220,000円


公式サイト
店舗*オンライン データマッチング
45歳以上に特化
イベント・パーティが豊富
>口コミ・評判はこちら
初期費用
33,000円
月額料金
12,100円
お見合料
5,500円
結婚相談所って何?仕組み・料金・他の結婚相談所との比較など結婚相談所の完全ガイドは以下のページにあります。

単身パラダイス?それともロンリープラネット?独身生活の5つのマイナス面

結婚するという選択も、独身を貫くという選択も、それぞれに美味しいスポットや苦い現実が付きまとうものです。自分自身で選択を下し、その選択を全うした人生なら、どちらを選んでも後悔することはないはず。だってそれは、あなたが選んだ道だからです。

しかし、深く考えずに「独身って楽そう」と思ったり、「結婚ってもう無理だから…」とあきらめから独身を選んでしまうのであれば、もしかしたらその選択は見直しても良いかもしれません。

今すぐ婚活を始めて、後悔のない人生を選ぶのも一つの道です。

このページでは、独身生活のあまり知られていないマイナス面を照らし出し、それが結婚に向けて婚活を始めるきっかけになればと思い、深堀りしていきます。

親の願いを叶えられない

どれだけ歳を重ねたとしても、親から見たらあなたはいつでも「わが子」です。これは何の疑いもない事実。親が子供の誕生、そしてその子供があなただったという事実を振り返る時、多くの親は何かしらの満足感や幸せを感じているでしょう。

それは、親があなたにも自分自身の子供を授かり、その喜びを感じることを深く願っているからかもしれません。

親はあなたの気持ちを尊重して、直接「孫がほしい」と言葉にしないかもしれません。しかし、親があなたを生み育てた経験から考えてみると、親があなたにも同じような体験をしてほしいと望むのは自然な感情ではないでしょうか。

あなたが親の人生にとっての素晴らしい存在であるが故に、その期待に応えたいと思うのも頷けますよね。だからこそ、一生独身を選ぶという選択は、親の願いに応えることができないという意味でも、一つのマイナス面となるでしょう。

あなたが心のどこかで、親の期待に応えたいと願っているのであれば、一生独身を選ぶことは大きなマイナスになるのかもしれません。

社会からの評価が上がらない

どうしても社会というものは、結婚していることを人間としての信用や評価のバロメーターとして見てしまいます。これは、「結婚できる」という事実がその人の人間性や信頼性をある程度保証していると見なされるからかもしれません。

もし、あなたが独身を続け、中高年まで結婚しない生活を選ぶと、社会的な評価や信用は上がらないかもしれません。人々はあなたを見て、以下のような疑念を抱くこともあります。

・その人の性格に何か問題があるのか?

・結婚できない何か特別な理由があるのか?

・同性愛者で、結婚に向かうことができないのか?

これらは、何らかの問題を抱えていたり、社会的な平均値より劣る人間であるために結婚ができない、と見られることに繋がる可能性があります。

特にビジネスの場では、学歴や職歴、結婚の有無といった見える情報が、他人の判断材料となります。さらに、高校や大学時代の友人との集まりで、あなただけが独身者であれば、会話から自然と外れてしまうことでしょう。

夫婦間の悩みや新たな発見、子育ての喜びなど、結婚生活で得られる体験や感情が主な話題になるでしょう。その中で、あなただけが独身者であれば、会話の価値観が合わず、孤独感や疎外感を感じることでしょう。

これらは、結婚を選ばないことが持つ大きなマイナス面となります。

老後に迫る孤独の影

「結婚しないという選択は、人生の晩年に不安を招く」—これは多くの人が口にする考え方です。この思いについては、単純に歳を重ねることで肌で感じてしまうかもしれません。

例えば、あなたが60代の誕生日を迎えたとしましょう。そのときに健康への恐怖が心に芽生え、人生の終焉が遠くではない未来に待っていることが感じられたとします。その瞬間、独身生活の寂しさや不安が、あなたを困惑させ、悲しみに包み込むかもしれません。

それに加えて、後ほど詳しく話すような「孤独」や「経済的困難」という問題を考慮すれば、一人で生きていくという選択がいかにリスクを伴うものかがわかるでしょう。

私たちの人生は不確定な要素で満ちています。困難な状況に直面したとき、一人だと感じる不安は倍増します。結婚していれば、そんなときに一緒に問題を解決し、苦難を乗り越えてくれるパートナーが側にいます。その存在があれば、問題の大きさが半分になるといっても過言ではありません。

病と孤独に立ち向かう一人の戦い

私たちの人生には、「予期せぬ」という言葉がよく似合うことがあります。突如として問題が降りかかってくること、それが人生です。

病気や事故はその典型的な例です。あなたが何かの病気で苦しむことになったとき、結婚してパートナーが側にいれば、あなたと一緒に闘い、あなたを支えてくれるでしょう。一方、親や兄弟に頼ることは、彼らに余計な負担をかけることにつながるため、なかなか難しいのが現実です。

また、60代を超えてから一人で生きていくというのは、孤独感が深まり、人生の終わりが視野に入ってくると、生きる意味を見失い、生きること自体が苦痛に感じることもあるでしょう。

だからこそ、パートナーと共に生活するというのは有意義なのです。共に過ごすことで生きる喜びを感じ、幸せを実感することができます。もちろん、子供がいれば、その存在があなたの生きがいになり、更なる幸せを感じるでしょう。

一人の暮らしでは経済的な余裕が得られない

結婚してパートナーと共同生活を送ることで、支出が減少し、独身時代と比べて経済的な余裕が得られるはずです。これは単に費用を二人で分け合うだけでなく、家庭内の労働分担や節約効果も考慮に入れた結果です。

それに対して、一人で生活を送ると、自分の収入だけで生活費を賄わなければならず、なかなか貯金を増やすことが難しく、「経済的に余裕ができない」という状況が続く

さいごに

年齢を重ねることは、新しい人生のステージを迎えること。36歳、37歳、38歳、39歳と、人生の新たな区切りである40歳が近づく中、あなたが婚活を思い考える時期かもしれませんね。5つの婚活への動機は、ほぼ全ての人に当てはまるはずです。

40歳という一つの大きな節目を迎える前に、心から結婚という選択を考えてみるのはどうでしょう?独身生活は心の自由さや自分自身の時間を大切にできるのは確かです。だけど、同時に、パートナーや家族と分かち合う喜びや、子育てという新たな人生のステージを経験するチャンスが制約されてしまうのも確かなことです。

現代の医療技術を考えると、45歳までの女性が不妊治療を受けることが可能とされているクリニックがたくさんあります。その意味はつまり、あなたがまだ36歳、37歳、38歳、39歳であれば、子どもを育てる可能性がまだ十分にある、ということなのです。

婚活がスムーズに行かない、仕事が忙しくて時間がない、という理由で結婚から目を背けるのではなく、自分自身と向き合い、真剣に考えてみることこそが大切です。まだ市場価値が高いこの時期を最大限に生かし、より効果的な婚活に挑んでみてはいかがでしょう。

過去に過ごした時間を取り戻すことは不可能ですが、未来に向けて積極的に行動を起こすことは可能です。婚活の世界で、女性の年齢が大きく影響を及ぼすことは否めません。だからこそ、今からでも遅くないのです。婚活を始めて、結婚を真剣に考えてみるのはどうでしょう。

もし、婚活に全力を尽くしてもうまくいかない場合でも、その時になったら先の人生について考えることもできます。その前に、今手元にあるタスクを一つずつこなし、自分の人生を大切に生きることが何よりも大切なのです。それが、あなた自身の未来を描く一歩となるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次