一生独身を選択するか、焦って結婚するのか!?

当サイトはプロモーションが含まれます

結婚に関して「行き遅れ」や「売れ残り」といった表現がよく耳に入ります。

しかし、本当に焦って結婚する方がよいのか、それとも待つべきなのか、多くの人が自らの選択を悩んでいます。

有名人だって独身の人がいるし、一生独身だって良いのでは?
でもやっぱり今から結婚考えないとダメかな?

一部の人々は「焦るより行き遅れる方がましだ」と考えることも。

一方で、結婚を希望する際、特に女性にとって年齢は大きなファクターとなります。そのため、結婚のタイミングを逃さないように、ある程度の焦りを感じるのは当然かもしれません。

失われた時間は二度と戻らないのですから。
そこで、行き遅れとは具体的に何歳を指すのか、また、焦りの中での結婚と行き遅れた場合、どちらが幸せを感じるのかなど、結婚にまつわる疑問を解明していきましょう。

結婚が全てではないけれど、独身を選ぶなら、ちゃんと理解して選択しましょう

目次

「行き遅れ」とは差別用語でしかない

「行き遅れ」という表現は、結婚というステップに進むのが、年齢的にちょっと待ってしまった、という差別のフレーズです。

本当、そう。そんな言葉使わないでほしい

いつ結婚するかは個人の選択であり、それぞれの人生にはベストなタイミングが存在します。他人の意見で決めるようなものではありません。

だけど、社会的な価値観や通念というのは、長い時間をかけて築かれたもの。多くの人々の経験や考え方が基盤となっています。

行き遅れという状態に問題を感じないあなたも、その意味を深く理解し、メリットやデメリットをしっかりと考えたことがあるでしょうか。

30歳の女性、遅れをとっているのか?


「遅れをとる」という表現、具体的には女性のどの年齢を指しているのでしょう。

・28歳の女性、遅れをとっていると感じますか?
・36歳は遅れをとっていると思われるのでしょうか?

行き遅れと言われる背景には、3つの要因があるとされています。これを詳しくご紹介します。

29歳、その婚姻の平均年齢

厚生労働省の公式データによれば、日本の女性の平均婚姻年齢は29.6歳です。(出典:厚生労働省:人口動態統計:2019年)

これを基にすると、29歳を越える女性が遅れをとるとみなされるケースも考えられます。

一口に言えば、恋愛結婚に限ると女性の平均結婚年齢は28.7歳。

そこから推測すると、大体30歳あたりが遅れをとるとみなされる範囲なのかもしれません。

一番仕事のやりがいを感じる年齢でもあるのよね

35歳未満、婚活サービスの目標年齢

35歳は、婚活サービス(ネット婚活、結婚相談所、婚活イベント等)で女性の需要が目に見えて減少する年齢です。

というのも、初産が35歳となると「高齢出産」と分類されるためです。

高齢出産は、流産や染色体異常のリスクが高まる時期とされています。

そして、35歳頃からは、男女ともに外見の老化や変化が目立ち始めます。

例として、お肌の弾力や輝き、シワやシミの出現など、20代の女性と比べて老化が顕著になります。

視覚的に選好する男性にとっては、20代の女性との比較で需要が減少してくるでしょう。

たしかに、お肌の悩みは増えるばかり・・

さらに、35歳を越えた女性のマッチング対象は、主に40代の男性となる傾向があります。このため、35歳以上となると遅れをとるという認識が広がっています。

出産の限界、40代は遅れの基準になるのか

初婚の婚活では50代の女性は少なく、40代の女性がもっとも厳しい婚活状況とされます。

需要は著しく減少し、マッチングする男性の層は50代や60代が中心です。

外見が若く、ラッキーな場合は同年代の男性との出会いもあります。

しかし、子供を希望する男性が多く、彼らの視線は30代の女性に向かっていることが多いです。

なんだか、男性だけ優位で不公平に感じてしまう

最近、都市部を中心に40代での出産は珍しくなくなり、その数も増えています。
しかし、受精や着床、安定した妊娠や出産の確率は20代と比べると大幅に低くなっているのは事実です。

40代の女性は、幸運に恵まれれば子供を持つことが可能ですが、その確率としては低く、焦りを感じる方も多いでしょう。

だからといって、結婚が人生の全てではない。一生独身を選ぶ方もいるのです。

「遅れをとる」という他人の目を気にすることはない、と私たちは思います。

理解して独身を決断したなら、それは選択の自由であって
「行き遅れ」でもないの。

男性の要求は、女性の行き遅れを引き起こしているのか?

行き遅れと言われる女性背後の原因は何でしょうか?
外部の要因や女性自身が持つ男性の理想について詳しく述べます。

行き遅れという言葉は、年齢を指す一面的なものですが、その背後にある理由を深く考えることは少ないかもしれません。

しかし、行き遅れの背後にある理由を解明することで、その後の人生がどう展開するか、独りか良き伴侶と共にか、その選択が明確になるかもしれません。

高い期待を持つことで行き遅れる可能性


行き遅れの女性を考察すると、結婚の相手としての男性に対する期待が高すぎるように思われることがあるのです。

たとえば、女性が年収300万円のところ、年収1,000万円以上の男性を希望すること。

確かにこれは極端な例であり、選びの基準は年収だけに限られるわけではありませんが、顕著な事例と捉えることができます。

年収300万円の女性が特に魅力的な外見や、20代前半のような若さを持っていなければ、年収1,000万円の男性と結ばれるのは困難と言えるでしょう。

さらに、年収だけでなく、以下の条件を重視する「高望み」が行き遅れの原因として挙げられる場合があります。

・住む場所のエリア
・独り住まい
・一流大学の卒業(国立やMARCHを優先)
・安定したキャリア

女性は確かに、結婚後の生活の質が夫によって大きく影響を受けますが、それは永遠のものではありません。

例えば、年収1,500万円の方と結婚したとしても、モラハラやパワハラの夫だったり、企業の倒産やリストラでの収入の減少、転職や出向による不安定さなど、多くのリスクが考えられます。
条件のみを重要視することは、後に問題が起きた時に後悔することにつながるかもしれません。

「こんなはずじゃなかった!」
困難な時期を夫婦で支え合い、絆を深めることができれば、それは価値のあるものです。

スーパーマーケットのように、美味しい果物だけを選び、気軽に購入するという感覚で結婚を急ぐと、後悔するだけの未来が待っているかもしれません。

年収1,000万円越えの女性、結婚に遠のく?

高いスキルと実績を持ち、年収1,000万円を超える女性は、収入において自分と同等またはそれ以上を求める傾向が見受けられます。

一方で、平均的な男性には魅力を感じず、年収だけでなく外見や心の優しさなど、完璧な男性像を追い求める傾向にあり、結婚のチャンスを逃してしまうリスクが上がります。

外部の要因、家庭や仕事で結婚を遠ざける

結婚を遅らせる原因として、外部の状況に左右されるケースも少なくありません。

具体的には、家の背景や職場の事情です。

■ 家の背景
・親と同居
・家族が独立しており、家業の助けが必須となっている。

・婿入りを期待されている。

・親のケアや健康問題に対応している。

■ 職場の事情
・転居の可能性が高い。

・業務が多忙で、結婚の余裕がない。

・勤務時間が不定期で忙しい日が多い。

などの事情が挙げられます。

外部の事情とはいえ、一定の時点で「決断を下す」「選択をする」といった判断を下さなければ、結婚を果たせずにいる可能性が高まります。

自らが独身を選択するのであれば、それも一つの道です。

だが、外部の要因により結婚が難しいと感じているのであれば、早期に状況を「整理」することが求められるのではないでしょうか。

あなたの未来はあなただけのもの。他人が代わりには決断してくれません。

過ぎ去った時間は戻らないので、自らの手で未来を変える決断をする必要があります。

独身の良い面

独身を選ぶことには、その利点や魅力が実際に存在します。
以下は、そのメリットの一部を挙げてみました。

・時間の自由度
・財政的な独立
・心の安らぎ

パートナーが居ないことから、相手を気遣う義務がなく、心地よいと感じることができるでしょう。

さらに、時間を好きなことや趣味に費やすことができ、自分の稼ぎはすべて自分の望むままに使えます。

将来の不安と親の望み


前節では、独身の利点を紹介しましたが、欠点も確かにあります。

・寂しさ
私たち人間は、コミュニケーションを好む生き物です。だからこそ、年を重ねるごとに、寂しさや孤独という感じが増してくるものです。

・老後の心配
我々の命は有限であり、永遠の健康は望めません。突如として病に倒れた場合、不安や孤立感を抱くことになります。

・金銭的な心配
収入の源が自分だけとなると、事故や病気のリスクにより収入が途絶える危険性が増します。お金があると便利ですが、なければ厳しい生活となります。

・子どもとの絆
子供の存在や子育てを通じての人間的な成長は、貴重な経験となるでしょう。その機会を逸するのは、大きな機会損失と言えるでしょう。

・親の期待を満たす
親を喜ばせる、あるいは親孝行のために、結婚や子育ては大きな要素となります。親があなたの選択を尊重するかもしれませんが、その胸の内には淋しさもあるかもしれません。

焦る気持ちと結婚のタイミング

結婚への焦りとその選択について詳しく語られてきましたが、焦る気持ちと結婚の決断についても触れてみたいと思います。

人は人生の最後になると、行動しなかったことを悔やむとよく言われます。

そこで、焦ってでも結婚の行動を起こすことが、実は大切であると感じます。何かのきっかけで出会えば、そこから新しい関係が築かれ、次第に絆が深まっていきます。
この絆を通じて、一緒に困難を乗り越えていく中で、かけがえのない人生の伴侶と出会えるはずです。

「終わりが良ければ、すべて良し」という言葉も頭に浮かびます。

焦って結婚したという選択が、必ずしも正解かどうかより、その後の努力と姿勢が重要ではないでしょうか。

「焦りながら結婚を進める」こと、それは悪くない選択だと思います。
人は困難な状況やプレッシャーがないと、なかなか行動に移せないものです。

年齢が上がり、結婚のチャンスが減ってくる焦りが、婚活の動機となるなら、その焦りは行動の「スパイス」として利用すれば良いと考えます。

焦りながらも、婚活に励み、結婚相手を見つける行動が、あなたの幸福を近づけるはずです。さらに、婚活においては年齢は大きなアドバンテージとなることも。

若いうちは、魅力的な異性との出会いのチャンスも増えるでしょう。

焦りの結婚と行き遅れの考察


焦りの結婚と行き遅れのテーマについて、詳しく触れてきました。

「行き遅れ」という言葉は他人の評価で、気に病むべきではないと感じます。行き遅れたとしても、他者に害を与えるわけではないので、「自分を生きる」というスタンスが大切です。

逆に、「焦って結婚した方が良い」と楽観的に考えるのは、少し強がりに聞こえるかもしれません。

生涯独身の覚悟があれば、他人の意見など気にせずに過ごせます。

しかし、結婚を望むなら、タイミングを逃さないように、積極的に行動することが大切です。挑戦してダメだったら、再チャレンジするだけの話です。

行動しない理由を探すより、行動して結果を作る姿勢で、焦りをプラスに変えて幸せをつかむことができるはずです。

最終的な選択は、あなた次第ですが、焦りを感じることは自然なこととして受け入れ、それをポジティブに活用することが大切です。

何も行動せず悩み続けるより、相談所やプロの意見を求めてみるのも一つの方法です。
婚活だけでなく、結婚後の生活についてもアドバイスがもらえることでしょう。「どうしたらいいか分からない」と感じたら、専門家に相談してみるのも一つの方法です。

当サイトおすすめ結婚相談所

スクロールできます

1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位11位12位13位14位
ゼクシィ縁結び
エージェント
パートナーエージェントスマリッジサンマリエハッピーカムカムクラブ・マリッジツヴァイオーネットIBJメンバーズウィッシュオーネット・スーペリアナコードエン婚活
エージェント
フィオーレ
タイプハイブリッド型仲介型データマッチング型仲介型仲介型仲介型ハイブリッド型データマッチング型ハイブリッド型仲介型データマッチング型データマッチング型データマッチング型ハイブリッド型
価格スタンダードプラン
初期費用99,000円
月額17,600円
コンシェルジュコース
初期費用137,500円
月額19,800円
成婚料55,000円
初期費用
6,600円
月額料金
9,900円
スタンダードコース
初期費用
187,000円
※割引プランあり
月額料金
17,600円
成婚料220,000円
初期費用55,000円
割引キャンペーンあり
月額
16,500円
お見合料11,000円
成婚料220,000円
初期費用
220,000円
月額料金
16,500円
初期費用129,800円
※割引プランあり
月額15,400円
初期費用116,600円
月額16,500円
初期費用
252,450円
月額料金
17,050円
成婚料
220,000円
初期費用
男性33,000円
女性22,8000円
月額料金
男性3,300円
女性16,500-22,000円 
お見合料・成婚料あり
初期費用
33,000円
月額料金
12,100円
お見合料
5,500円
初期費用
29,800円
月額料金
16,800円
初期費用10,780円
月額14,300円
初期費用
33,000円
WEB予約割適用16,500円
月額料

8,800円
成婚料金
110,000円
ポイントオリコン満足度1位
コストパフォーマンスが良い
お相手探しのサービスが充実
交際率、成婚率が高い
仲介型でのコストパフォーマンスが良
手厚いサポート
業界最安値の価格設定
全額返金保証サービス付き
東証プライム上場グループ
サービスが手厚い
交際率が高い
創業23年
IBJトリプル受賞(2020年度)
専属の専属の「婚活プロデューサー」がつく
東京都内23区内のホテルラウンジやカフェなどで面談可能
歴史ある結婚相談所
お相手探しのサービスが充実
歴史ある結婚相談所
会員数が多い
会員数は業界最大級の84,000名以上
会員の質が高い
ビジネスエリート専門
1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に限定
45歳以上に特化
イベント・パーティが豊富
3カ月以内に93.8%の人がお見合い
スマホで完結
オンライン結婚相談所成婚実績No.1
来店不要で忙しい人に便利
価格がお手頃
全国16店舗以上でサービスを展開
紹介可能会員数が多い
公式公式公式公式公式公式公式公式公式公式公式公式公式公式
各製品の比較
目次