田舎で出会いがない3つの理由とは?結婚したいなら増やすべき8つの行動

田舎で出会いがない3つの理由とは?結婚したいなら増やすべき8つの行動 アイキャッチ

当サイトはプロモーションが含まれます

「田舎は既婚者ばかりで出会いがない」「田舎に若者が少ない」など、田舎に住む結婚願望があるのに中々前に進めない…そんな悩みがありませんか。

婚活パラダイス編集部T.N

田舎に住んでいる婚活者でも幸せな結婚を叶えた人はたくさんいます。

本記事を読むことで、「田舎に住んでいても幸せな結婚を実現する方法」がわかります。

イチオシ結婚相談所

ツヴァイ

結婚に本気な人が9万人!出会いのチャンスが多い

超大手なのにコスパも◎。男女ともに出会いのクオリティが高い。

公式サイトで詳しく見る▷

Fiore ロゴ

フィオーレ

活動開始から約1ヶ月で交際スタート!

1ヶ月後の自分のために、無料相談から行動開始

公式サイトで詳しく見る▷

エン婚活エージェント

オンラインで成婚実績No.1

オンライン限定だから安い。時間効率UPで素早く婚活できる!

公式サイトで詳しく見る▷

結婚相談所をおすすめを人気ランキング」から探したい方はこちら

目次

田舎と都会の人口差はどのくらい?

東京の風景

人口が多い地域では、その分多くの人々が出会いを求めており、婚活をサポートする事業者も豊富に存在するため、結婚に至る確率を高めます。

例えば、北海道を見てみると、札幌市の人口は約195万人、旭川市は約34万人、帯広市は約16万人と、地域によって大きな差があります。

対照的に、東京の人口は約920万人にも上ります。

札幌のような大きな都市ではまだ出会いのチャンスが多いですが、旭川やそれより北部の地域では人口減が進む中で婚活の機会も限られがちです。

婚活パラダイス編集部T.N

少なくとも人口40万人以上の地域ならば、それなりの出会いの機会が期待できるでしょう。

田舎で出会いがない3つの理由

田舎で田舎で出会いがない理由を考えたことはありますか?
理由がわかることで、結婚したいあなたがすべき行動がみえてきます。

ひとつずつ、詳しくみていきましょう。

  • 出会いの機会が少ない
  • 若者が少ない
  • 周囲の目が気になって保守的になる

1. 出会いの機会が少ない

田舎では、単純に人口が少ないため、出会える人の数が格段に少なくなります。

都市部では毎日のように婚活イベントが開催されることがありますが、田舎では月に1度開催されるかどうかという状況です。

婚活パーティ以外の選択肢としては、婚活サイトに登録する方法もありますが、田舎では婚活アプリのユーザー数も限られており、出会いの機会がさらに少なくなる傾向にあります。

2. 若者が少ない

田舎・地方出身者は、教育機関も限られることから大学入学を機に都心などに上京することも多いです。

さらに、就職先も都心の方が多いことから、進学・就職を機に徐々に田舎自体に若者が減っていきます。

つまり、結婚適齢期を田舎で迎える場合、必然的に若者が少なくなります。

3. 周囲の目が気になって保守的になる

田舎での生活では、「誰かに見られている」という意識が強くなりがちです。

都会であれば、知人に偶然会う確率は低いですが、田舎では顔見知りが多いため、それが婚活に対する心理的なプレッシャーとなることがあります。

例えば、「もし婚活パーティで知り合いに会ったらどうしよう」といった心配が、婚活への積極的な取り組みを躊躇させることがあります。

\イチオシ結婚相談所/

ツヴァイ

結婚に本気な人が9万人!出会いのチャンスが多い

超大手なのにコスパも◎。男女ともに出会いのクオリティが高い。

公式サイトで詳しく見る▷

Fiore ロゴ

フィオーレ

活動開始から約1ヶ月で交際スタート!

1ヶ月後の自分のために、無料相談から行動開始

公式サイトで詳しく見る▷

田舎で婚活する2つのメリット

「田舎での婚活」と聞くと出会いがないことからデメリットに目が向きがちですが、田舎で婚活するメリットももちろんあります。

それは、以下2つです。

1. 同郷の相手との出会いの機会が多い

地方での婚活の大きな利点は、地元出身の相手と出会いやすいことです。地方出身者が集まりやすいため、同じ出身地のパートナーを探している方には特にお勧めです。地元で育ったという共通の背景は、相手との会話に深みを与え、安心感をもたらします。

こうした共感点は、関係を深めるのに役立ちます。あなたが地元愛を大切にしているなら、地方での婚活が向いているでしょう。また、地元を離れる意向がない場合は、地方での活動が最適です。

2. 田舎暮らしを求める相手との出会いが増える

地方での婚活イベントや結婚相談所を利用すれば、田舎生活を望むパートナーとの出会いが増えます。

田舎を求めるのは地元民だけでなく、都会の忙しさから離れたいと考えている人々も含まれます。このように考える人々は、静かな環境での生活を憧れており、同じような価値観を持つ人と出会うことができるでしょう。

地方での婚活は、都会とは違った特有のメリットがあります。地元での深いつながりや、田舎生活を共に楽しむパートナーを見つけたい場合は、こうしたメリットを活かし、自信を持って婚活に挑んでください。

田舎でも出会いを増やす8つの行動

カップルイメージ

現実問題、田舎での婚活は都会と比べて出会える人数規模が小さいです。

しかし、自身の努力・行動次第で異性と出会い、成婚し、幸せな結婚生活を送ることが可能です。

具体的にどのような方法があるのか、みていきましょう。

  • 友人・同僚からの紹介
  • バーや居酒屋にいく
  • 習い事・社会人サークルに入る
  • スポーツジムに入会する
  • マッチングアプリを活用する
  • 婚活パーティに参加する
  • 結婚相談所に登録する
  • 都市部へ引っ越す

1. 友人・同僚からの紹介

パーティイメージ

田舎に限らず、友人の紹介は共通の知人がいる安心感がありますし、友人であればあなたの性格をよく知っていることからあなたに合った異性を紹介してくれるはずです。

日頃、恥ずかしがらずに周囲へ「いい人がいたら紹介してね」と軽く伝えておくだけでも紹介してもらえる機会が増えるでしょう。

2. バーや居酒屋にいく

都会・田舎に関わらず、出会いの場となりうるバー・居酒屋には若い男女が集まります。

お酒好きなら、共通の趣味として話も弾み出会いから交際にも発展しやすいでしょう。

3. 習い事・社会人サークルに入る

フットサルや登山など、趣味に合わせた社会人サークルに入るのも良いでしょう。

サークルの場合、定期的に集まることから自然な出会いから交際に発展し、アクティブなお出かけデートに出かける等の楽しみも増えます。

4. スポーツジムに入会する

男性 ジム

身体を動かすことが好きで、スポーツ好きの異性と出会いたいならスポーツジムも出会いの場になります。

現に、スポーツ選手・芸能人もスポーツジムやパーソナルジムで出会って結婚に至るケースも多いようです。

定期的に通うことで顔見知りになり、自然と生まれる会話から交際に発展していくこともあります。

5. マッチングアプリを活用する

スマホを使う女性イメージ

出会い系マッチングアプリは、居住地からも異性を探すことができるため、自分の居住地からの許容範囲内でお相手を探すことができます。

「なかなか身近に出会いがない」「理想とするタイプがある」場合は、自ら積極的に異性を探せるので便利です。

6. 婚活パーティに参加する

パーティーのイメージ

結婚相談所などが主催しているパーティの他に、最近では自治体が主催の婚活パーティなどもあります。

「30代限定」など括りがある企画もあるので、興味があるパーティに積極的に参加することで出会いの場を増やすことができます。

7. 結婚相談所に登録する

女性イメージ

最短距離で結婚を望む場合、もっとも効率的なのが結婚相談所への入会です。

近年では大手ではなく、地域密着型の結婚相談所も増えてきているため、入会のハードルも低くなっています。

独身証明書・収入証明書・勤務先証明書など各種書類の提出が義務付けられていることから身元がしっかり把握できることに加え、プロの仲人がいる点も安心です。

独身証明書とは?

独身証明書は、本籍地のある市区町村役場で発行される公的な証明書です。

民法第732条で定められている重婚の禁止に抵触していないことを証明し、独身であることを確認するために使用されます。結婚相談所や結婚情報サービスへの入会時、また婚活に特化したマッチングアプリの認証などに提出を求められる場合があります。

独身証明書の発行手数料は、市区町村によって異なりますが、おおむね300円から500円程度です。例えば、東京都新宿区では300円、大阪市では400円、名古屋市では350円となっています。必要な場合は、本籍地のある市区町村役場の戸籍担当窓口にて申請・取得することができます。独身証明の提出が必要なサービスを利用する際には、事前に発行手続きを済ませておくことをおすすめします。

8. 都市部へ引っ越す

東京イメージ

田舎での出会いに限界があるな、そう感じたら思い切って県庁所在地など少しでも都市部へ居住を移すことで出会いが広がります。

婚活において、「実家暮らし」は自立していないのでは?とマイナスな印象を与えかねません。

つまり、実家を出て都市部で経済的に自立することは、出会い以外にもメリットがあります。

\イチオシ結婚相談所/

ツヴァイ

結婚に本気な人が9万人!出会いのチャンスが多い

超大手なのにコスパも◎。男女ともに出会いのクオリティが高い。

公式サイトで詳しく見る▷

Fiore ロゴ

フィオーレ

活動開始から約1ヶ月で交際スタート!

1ヶ月後の自分のために、無料相談から行動開始

公式サイトで詳しく見る▷

【田舎婚】36歳で理想の男性と成婚した女性の話

家族のイメージ
婚活パラダイス編集部T.N

ここで、私のいとこの体験談を紹介します!

私のいとこ、由香里さんは、九州の田舎町に住んでいる35歳の女性です。長年、結婚願望が強かったものの、なかなか良い出会いに恵まれず、独身のまま35歳を迎えてしまいました。周りの友人たちは次々と結婚し、幸せな家庭を築いていく中、由香里さんは焦りを感じていました。

当初、由香里さんはマッチングアプリを利用していましたが、地方会員がとても少なく、満足のいく出会いを見つけることができませんでした。そんな時、由香里さんはインターネットで結婚相談所「ツヴァイ」の存在を知りました。結婚相談所も会員数が少ないのではないかと不安を感じつつも、ツヴァイであれば大手結婚相談所なので出会いがあるのではないかと思いました。藁にもすがる思いで入会を決意したのです。

そして、入会からわずか1年後、由香里さんは理想の男性、前田さんと出会い、交際がスタートしました。

ツヴァイってどんな結婚相談所?

運営会社株式会社ZWEI
結婚相談所のタイプハイブリッド型
会員数※193,657人
年齢層20代~40代(20代~30代が多い)
男女比49:51
※1 会員数は公式が提携数を含めている場合は、提携の会員数も含まれます

ツヴァイは全国に支店がある大手結婚相談所です。男女ともに安定した仕事に就いている方が多く、出会いの質が高いのが特徴です。

また、結婚相談所の中でも、内容と料金のバランスが良く、非常にコストパフォーマンスが良いと評判です。

婚活を始めるならツヴァイがおすすめ!

幸せな結婚生活

前田さんとの出会いは、由香里さんにとって運命的なものでした。前田さんは誠実で優しい性格で、由香里さんは一目惚れしてしまいました。交際から成婚までスムーズに進み、由香里さんは36歳で晴れて結婚式を挙げました。さらに、37歳で待望の第一子を妊娠・出産し、今では幸せいっぱいの家庭を築いています。

由香里さんは、「田舎では出会いが少ないと諦めていましたが、結婚相談所に入会して行動を起こしたことで、人生が大きく変わりました。もっと早くツヴァイに入会していれば良かったと思います。」

田舎でも出会いを見つけるために

由香里さんやその夫である前田さんのように、田舎在住で出会いに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ツヴァイのような大手結婚相談所であれば、地方でも多くの会員がおり、自分に合ったお相手を見つけやすいでしょう。

自分に合った方法で婚活を進めることで、田舎でも素敵な出会いを見つけることができるはずです。

婚活パラダイス編集部T.N

諦めずに行動を起こすことが、幸せな結婚への第一歩となるのかもしれません。

まとめ

地方での婚活は確かに困難を伴うことがあります。特に出会いの機会が都市部に比べて限られていることが、大きな課題となっています。しかし、この問題を乗り越える方法は存在します。

地方においても、共感を得られる出会いを見つけることができれば、道は開かれるでしょう。

婚活パラダイス編集部T.N

ぜひ、地元のリソースを積極的に利用して、素敵なパートナーとの出会いを探求してください!

目次