Google広告&Yahoo!検索広告の効果的な表示確認と広告プレビューツールの使い方

監修者

佐藤 祐介
佐藤 祐介

株式会社LIFRELL代表取締役。大手代理店、株式会社オプト、電通デジタルの2社でアカウントプランナーを経験。その後、株式会社すららネットでインハウスマーケターとして事業の立ち上げからマザーズ上場水準まで事業を伸長させる。マーケティング戦略の立案からSEO/WEB広告/SNS/アフィリエイト等の施策で売上にコミット。

専門家

深瀬 正貴
深瀬 正貴

Yahoo株式会社 法人マーケソリューション出身。 鎌倉の海のそばでオフィスFHを運営。 リスティングやSEOをはじめとしたデジタルマーケティングで100社以上の売り上げ課題を解決。
最近の趣味はブームに乗っかったように見えてしまう「焚き火ごはん」。

目次

皆様がご存じの通り、検索連動型広告の運用において、その広告が実際にどのように表示されているかを把握することは非常に重要です。では、皆様はその確認をどのように行っているでしょうか?おそらく、多くの方々が直接検索エンジンにキーワードを入れて、実際の検索結果を通じて広告の表示状況をチェックされていることでしょう。この方法で、自らが入札しているキーワードに基づいて、自分の広告が適切に表示されているかどうかを繰り返し確認されることが多いかもしれません。

しかし、こうした方法で確認作業を行うことが、思わぬ副作用を引き起こす可能性があることをご存知でしょうか?実は、この方法でのチェックは、広告の表示回数を不必要に増やし、それが広告の品質スコアに影響を及ぼす可能性があります。これは、広告キャンペーンの効率にも、最終的な成果にも大きな影響を与えることになるでしょう。

そこで、このような状況を避け、より効果的かつ効率的に広告の表示状況を確認する方法として、広告プレビューツールの使用をお勧めします。このツールを使えば、実際に検索を行うことなく、あたかも検索結果ページにいるかのように広告の表示状態を確認することができます。今回は、この便利なツールのご紹介と、その使用方法について解説させていただきます。

このツールを利用することで、広告運用の効率を大きく向上させることができます。ぜひ、この機会にその使い方をマスターして、より効果的な広告戦略を展開してください。

広告プレビューツールについて

このツールは、Google広告およびYahoo!検索広告(YSA)で利用できる非常に便利な機能です。主な魅力は、特定の検索語句に基づく検索結果画面を、広告のインプレッション数を増やすことなく閲覧できる点にあります。つまり、広告がどのように表示されるかをリアルタイムで確認できるわけですが、これが実際の広告配信に影響を及ぼすことはありません。

Google広告では、このツールを「広告プレビューと診断ツール」と称し、Yahoo!検索広告ではシンプルに「広告プレビューツール」と呼ばれています。(以下、広告プレビューツール)どちらも、広告が表示される環境を細かく設定することが可能です。Google広告の場合、地域(住所)、言語、デバイス、オーディエンス(視聴者)といった複数の条件を指定して、特定のターゲットに対する広告の表示状態をチェックできます。一方、Yahoo!検索広告では、地域、ページ番号、デバイスを設定して、広告の表示位置や環境に応じた結果を確認することができます。

このように、広告プレビューツールを活用することで、マーケティング担当者や広告運用者は、実際にキャンペーンが配信されている際の広告の見え方を確認し、必要に応じて戦略を調整することが可能になります。広告の可視性やターゲティングの精度を向上させるためにも、このツールの使用を積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

広告プレビューツールの使い方

Google広告

※Google広告のアカウントへのログインが必要です。

①管理画面上部の「ツールと設定」を選択。

②プランニングの「広告プレビューと診断」をクリック。

③確認したい条件、地域(住所)・言語・デバイス・オーディエンス(視聴者)を選択し、プレビューしたいキーワードを入力して検索。

④指定した条件における検索結果画面が表示される。

ログイン中のアカウントの広告は緑色の枠で表示され、さらに表示の対象となったキャンペーン、広告グループ、キーワードを確認できます。

また、表示されていない広告表示オプションなども確認する事ができるので、どのような理由で設定している広告表示オプションが表示されていないかを確認しましょう。

広告が表示されていない場合は、なぜ表示されていないのかを確認することができ、該当の問題箇所へ直接リンクで遷移する事が可能です。

なお、Google 広告ではログインしなくてもプレビューツールを使用することができます。この場合、診断情報はなく検索結果画面のみの表示になります。

※ログインしていない状態でこちらを開いて使用できます。

Yahoo!検索広告

※Yahoo!検索広告のアカウントへのログインが必要です。

①管理画面上部の「ツール」を選択。

②「広告プレビューツール」をクリック。

③確認したい条件、地域・ページ番号・表示確認デバイスを選択。

④プレビューしたいキーワードを入力し、「プレビュー」ボタンをクリック。

指定した環境、キーワードにおける検索結果画面が表示されます。

注意点

現在のデジタル広告の世界では、検索連動型広告の効果をリアルタイムで確認できるツールが提供されていることが、マーケティング戦略における大きな利点となっています。2023年5月の時点で、Google広告およびYahoo!広告では、このタイプの広告に限り、そのプレビューを見ることが可能です。これにより、広告主は自分の広告が検索結果ページにどのように表示されるかを簡単に確認できるようになりました。

一方で、ディスプレイ広告については、そのプレビュー機能はまだ提供されていません。ディスプレイ広告は、ウェブサイトやアプリケーション上に表示されるビジュアル広告であり、その性質上、プレビューを実現することが技術的に複雑であると考えられます。したがって、これらの広告が実際にどのように表示されているかを確認する方法は、現在のところ管理画面上での数字に頼るしかありません。これには、広告がどの程度表示されているか、どれだけのインプレッションを獲得しているかという情報が含まれます。

この状況は、検索連動型広告に比べて、ディスプレイ広告の運用においては少々不便を感じるかもしれません。しかし、管理画面で提供されるデータを活用することで、広告のパフォーマンスを把握し、運用の最適化につなげることが可能です。

広告プレビューツール具体的なメリット

広告の表示状況を確認するために、わざわざ専用のプレビューツールを使う必要があるのか、疑問に思われるかもしれません。直接検索エンジンで検索してみれば、その結果を瞬時に目の当たりにできるわけですから、その考えも一理あります。しかし、広告プレビューツールの利用には、そのような直接的な方法では得られない多くの利点があります。ここで、その具体的なメリットをいくつか挙げてみましょう。

1.検索結果画面を確認しながらもインプレッション数を増やさずに済む

ご存知の通り、検索結果から直接広告を確認すると、その都度、広告の表示回数が加算されてしまいます。この加算は、見かけのクリック率に影響を及ぼし、広告の品質スコアにも悪影響を及ぼす可能性があります。言うまでもなく、品質スコアは広告の掲載位置やコストに直結しているため、不必要なインプレッションの増加は避けたいところです。

2.特定の地域を選択して広告を配信できる

「自分は東京にいるけれど、福岡での広告表示はどうなっているのだろう?」と気になった際に、広告プレビューツールがその疑問を解消してくれます。これは、地域ターゲティングを活用している場合に特に有効で、指定した地域外からは広告が表示されないため、直接的な検索ではその確認ができないのです。さらに、所有していないデバイスや異なるオペレーティングシステムからの広告表示も確認できるため、広告戦略の多角的な評価が可能になります。

3.Google広告においては広告が表示されない原因を探ることができる

広告が表示されない事態に直面した際、予算の問題、広告ランクの低さ、地域設定の不一致、広告文の審査落ち、あるいはキーワード設定の問題など、さまざまな原因が考えられます。広告プレビューツールを使うことで、これらの問題点を特定し、適切な対策を講じることができるのです。

4.Google広告においては広告表示の対象となっているキーワードを調べることができる

Google広告の広告プレビューツールは、実際にGoogle検索を行うことなく、特定のキーワードや検索語句に対してどの広告が表示されるかを確認できる非常に便利なツールです。このツールを使用することで、キャンペーンや広告グループの設定が意図した通りに機能しているか、または予期せぬキーワードが広告表示のトリガーになっていないかを確認できます。

例えば、「賃貸」と「賃貸 渋谷」というフレーズ一致で入札している場合、ユーザーが「賃貸 渋谷」と検索した時にどちらのキーワードが広告表示のトリガーになるかは、入札価格や品質スコアによって左右されます。もし「賃貸」のキーワードが低い入札価格にも関わらず表示される場合、広告文が意図した通りに表示されない可能性があります。

広告プレビューツールを利用することで、キャンペーンの最適化に役立つ具体的なフィードバックを得ることができます。これにより、広告予算の効率的な使用と、広告表示の質の向上を図ることができます。

まとめ

日々の業務で頻繁に使用するパソコンを通じて広告の表示確認を行うことが一般的かもしれませんが、広告プレビューツールを駆使することにより、さまざまなデバイスにおける広告の表示状況を手軽にチェックすることが可能になります。特に、提供する商品やサービスの性質に応じて、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでの視認性が重要視される場合があります。そのため、広告プレビューツールを活用して、異なるデバイスごとに広告がどのように見えるかを確認することは、マーケティング戦略を練る上で非常に有効です。

さらに、地域別に広告がどのように表示されているかを確認することも、このツールの大きな利益の一つです。単に広告掲載のデータを見るだけでは捉えられない、予期せぬ競合他社の広告活動を早期に発見し、迅速に対策を講じることが可能となります。このようなインサイトは、市場における自社の立ち位置を正確に把握し、競争優位性を維持するために不可欠です。

もちろん、ユーザーの視点を理解するためには、実際に自ら検索を行うことの重要性を忘れてはなりません。広告プレビューツールと実際の検索結果の両方を用いることで、より広範な視野から広告の効果を評価し、バランスの取れたマーケティング戦略を展開することができます。この両者を上手く組み合わせることで、より効率的かつ効果的な広告運用を実現していきましょう。