“マスタリングMeta: FacebookとInstagramを活用するための究極ガイド”

マスタリングMeta FacebookとInstagramを活用するための究極ガイド

監修者

佐藤 祐介
佐藤 祐介

株式会社LIFRELL代表取締役。大手代理店、株式会社オプト、電通デジタルの2社でアカウントプランナーを経験。その後、株式会社すららネットでインハウスマーケターとして事業の立ち上げからマザーズ上場水準まで事業を伸長させる。マーケティング戦略の立案からSEO/WEB広告/SNS/アフィリエイト等の施策で売上にコミット。

専門家

深瀬 正貴
深瀬 正貴

Yahoo株式会社 法人マーケソリューション出身。 鎌倉の海のそばでオフィスFHを運営。 リスティングやSEOをはじめとしたデジタルマーケティングで100社以上の売り上げ課題を解決。
最近の趣味はブームに乗っかったように見えてしまう「焚き火ごはん」。

目次

Multi exposure of abstract programming language hologram with hands typing on computer keyboard on background, artificial intelligence and machine learning concept

多くのビジネスオーナーやマーケティング担当者が、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアを事業成長のツールとして積極的に活用しようと考えています。しかし、これらのプラットフォームを最大限に活用する方法については、しばしば疑問や不安を抱えていることが多いです。特に、Metaの広告システムの複雑さや、その効果的な運用方法については、深い理解と実践的なスキルが必要とされます。

そこでおすすめしたいのが、Meta Blueprintの学習プログラムです。このプログラムは、Metaの広告システムに関する総合的な知識と技術を身につけるためのものです。この記事では、Meta Blueprintで提供される教材の内容や、どのように学ぶべきか、そしてMeta認定資格を取得することのメリットについて、わかりやすく説明していきます。

Meta Blueprintの学習コンテンツは、FacebookやInstagramをはじめとするMetaのプラットフォームに関する広範なトピックをカバーしています。広告の基本的な設定方法から、ターゲットオーディエンスの特定、広告成果の分析方法まで、初心者から上級者までが学べる内容が豊富に用意されています。また、実践的な演習を通じて、理論だけでなく実際のスキルも身につけることができます。

さらに、Meta認定資格の取得は、自身のスキルを証明するだけでなく、ビジネスの信頼性を高める効果もあります。この資格を取得することで、お客様やパートナーに対して、Metaのプラットフォームを効果的に活用する能力があることを示すことができます。

Meta Blueprintとは?

Meta社が提供するMeta Blueprintは、デジタルマーケティングの領域における革新的な学習ツールです。このプラットフォームは、Facebook、Instagram、WhatsAppなど、Meta社の提供する各種サービスをビジネスで効率的に活用するための知識とスキルを身につけるために設計されています。

これらのサービスは、現代のビジネス環境において非常に重要な役割を果たしており、その使い方をマスターすることは、企業の成功に不可欠です。

Meta Blueprintは主に次の3つの主要コンポーネントで構成されています。

  • 無料オンラインコース
  • Meta認定資格
  • 学習プログラム

Meta Blueprintは、マーケティング専門家、ビジネスオーナー、またはソーシャルメディアの活用に関心のある個人にとって、貴重なリソースとなり得ます。このプラットフォームを通じて、Meta社の提供するサービスの潜在能力を最大限に引き出し、ビジネス戦略の一環として効果的に活用するための基盤を築くことができます。

Meta Blueprintは、マーケティング専門家、ビジネスオーナー、またはソーシャルメディアの活用に関心のある個人にとって、貴重なリソースとなり得ます。このプラットフォームを通じて、Meta社の提供するサービスの潜在能力を最大限に引き出し、ビジネス戦略の一環として効果的に活用するための基盤を築くことができます。

Meta Blueprintの利用に必要な準備

Meta Blueprintを利用する際、異なる学習コンテンツによって受講条件が異なる点に注意することが重要です。このプラットフォームは、学習者のニーズに合わせて柔軟に設計されており、利用方法に応じてさまざまなオプションが提供されています。

無料オンラインコースに関しては、Facebookアカウントを持っていない方でも受講可能です。これにより、幅広いユーザーがMetaの学習リソースにアクセスできるようになっています。ただし、Facebookアカウントでログインすると、学習の進捗を記録し、中断した場合に次回どこから再開すればよいかが分かるなどのメリットがあります。そのため、Facebookアカウントをお持ちの方はログインして受講することを推奨します。

一方で、Meta認定資格の受験には、Facebookアカウントでのログインが必須です。InstagramやFacebook以外のMetaのプロパティを使用している場合でも、Facebookアカウントがなければ認定資格の受験資格は得られません。これは、認定資格がFacebookアカウントと連携しているため、Facebookアカウントの所有が受験の前提条件となっているからです。

このように、Meta Blueprintを最大限に活用するためには、受講条件を理解し、自分に適した方法でアクセスすることが重要です。無料オンラインコースの低いアクセス障壁と、Meta認定資格の取得に必要なFacebookアカウントの要件を考慮することで、学習者は自分に合った学習パスを選択し、Metaのプラットフォームをビジネスに活用するための知識とスキルを獲得することができます。

無料オンラインコース

無料オンラインコースは、FacebookやInstagram、Meta広告などのデジタルプラットフォームをビジネスで効果的に利用するための基礎から応用までを学ぶことができる、非常に貴重なリソースです。

これらのコースでは、各プラットフォームの詳細な仕様や活用方法、そしてデジタルマーケティングの基本的な考え方まで、幅広いトピックが網羅されています。特に注目すべきは、Instagramストーリーズのアンケート機能のような具体的な機能の使い方から、それらをビジネス戦略にどのように組み込むかという戦略的なアプローチまで、実践的な内容が豊富である点です。

さらに、これらのコースはウェブベースの自習型コンテンツであるため、場所を選ばず、自分の都合の良い時間に学習を進めることができます。これは忙しいビジネスパーソンや、柔軟な学習スケジュールを求める学習者にとって非常に便利です。

FacebookやInstagramを使ったビジネス展開やMeta広告の運用をこれから始めようと考えている方、または既にこれらのプラットフォームを使用しているがさらに理解を深めたいと考えている方にとって、この無料オンラインコースは理想的な学習ツールと言えます。最新のデジタルマーケティングのトレンドや効果的な広告戦略を学びたいと考えている方にも、このコースは大きなメリットを提供します。無料でアクセス可能なため、コストを心配することなく、必要な知識とスキルを身につけることができます。

Metaの提供する教育コース

FacebookやInstagramをビジネスに取り入れるためのアプローチや、これらのプラットフォームの全般的な使用方法に関心がある方々にとって、Metaの提供する教育コースは大変有益です。これらのコースを選択する際には、自分の学びたいテーマに合わせて適切なセクションを選ぶことが重要です。

たとえば、FacebookやInstagramの基本的な使い方やビジネスへの応用方法を学びたい方は、「トピックを選んで開始する」セクションを選択することがお勧めです。広告配信に特に興味がある方は、「広告への取り組みを始める」セクションが適しています。また、Facebook、Instagram、WhatsAppなど、特定のMetaのアプリについて詳しく学びたい場合は、それぞれのアプリに関するセクションを選ぶことができます。

大項目中項目
トピックを選んで開始するビジネスのオンライン展開を準備する
プレゼンスを確立するオーディエンスにアピールする
関係を構築する
クリエイティブ戦略の効果を高める
戦略を最適化する
広告への取り組みを始める商品をオンラインで販売する
ページから広告掲載を始める
広告マネージャで広告をレベルアップする
コンテンツを収益化する
Metaのアプリについて学ぶFacebook
Instagram
WhatsApp

セクションごとに、さまざまな中項目があります。たとえば、「トピックを選んで開始する」セクションには、オンラインでのビジネス展開の準備、プレゼンスの確立、オーディエンスとの関係構築、クリエイティブ戦略の効果向上、戦略の最適化など、ビジネスを成功に導くための重要なトピックが含まれています。「広告への取り組みを始める」セクションでは、商品のオンライン販売、ページからの広告掲載の始め方、広告マネージャを使った広告のレベルアップ、コンテンツの収益化など、広告に関する実践的なアプローチが学べます。「Metaのアプリについて学ぶ」セクションでは、Facebook、Instagram、WhatsAppそれぞれに特化した学習が可能です。

無料オンラインコースには100以上の学習コンテンツがありますが、目的に応じてコースを選択することが重要です。例えば、もしあなたが「Instagramで自社ブランドの発信を行い、ファンベースを拡大したい」という明確な目標を持っているなら、Instagramコンテンツの注目度を高める方法に焦点を当てたコースを選ぶことが効果的です。自分の興味や必要としている情報に基づいてコースを選ぶことで、FacebookやInstagramを使う際の具体的なシナリオを想像しながら学習を進めることができます。このようにして、学んだ知識が実際のビジネスシーンで役立つよう、より深く理解しやすくなるでしょう。

Meta Blueprintのプラットフォーム

Meta Blueprintのプラットフォームは、Metaが提供する多様なサービスやツールに関する専門知識を習得し、その能力を証明するための「Meta認定資格」の取得もサポートしています。

この資格は、Metaに関する知識と技能がしっかりと身についているかを評価するためのテストを含み、1,000点満点中700点以上を獲得することで取得することができます。2023年9月20日時点で、Meta認定資格は7種類に分かれており、それぞれの資格取得には約99~150米ドル相当のコストがかかります。これらの資格は12ヶ月から24ヶ月の有効期限があり、有効期限の6ヶ月前から再認定のプロセスを開始することが可能です。

特に、何を学び、どのレベルまで習得すれば良いのか迷っている方にとって、Meta認定資格の取得を目標とすることは非常に有効なアプローチです。資格取得を目指して学習を進めることで、学習内容に対する明確なゴールが設定され、より効率的かつ目的意識を持って学習を進めることができます。また、資格を取得することによって、自身のMetaに関する専門知識が客観的に認められ、ビジネスの場面やキャリアアップにおいてその能力をアピールすることが可能になります。

このように、Meta Blueprintを通じてMeta認定資格を取得することは、デジタルマーケティングの分野での専門性を高め、自身のスキルセットを拡充する絶好の機会となります。資格取得に向けた学習は、Metaのプラットフォームを最大限に活用するための知識と技術を体系的に習得する過程となり、ビジネスや個人の成長に大きく寄与することでしょう。

Meta認定資格を取得することには、主に以下の二つの大きなメリットがあります。

Metaに関する知識の定着が確認できる
Meta認定試験の合格は、Metaに関するあなたの知識がしっかりと定着していることを証明するものです。これは、学習の過程を効率的に進めるための素晴らしい目標となり得ます。資格取得を目指して学習を進めることにより、より計画的かつ目的意識を持った学習が可能となります。しかし、資格取得そのものを最終目的とするのではなく、Meta認定資格を通して得られる知識を活用し、事業拡大や現在の仕事に活かすことを目指すべきです。資格取得は、Metaをより効果的に利用し、望む成果を達成するためのステップであるという意識を持つことが重要です。

専門性をアピールできる
Meta認定資格を持っていることは、社内外を問わず、Metaに関する専門知識を持っていることの証明となります。たとえば、社内で「Metaのことならこの人に聞けば分かる」というポジショニングを確立したり、フリーランスとしてクライアントに対して信頼と安心感を提供するためのツールとして活用することができます。また、デジタルマーケティング分野での採用過程において、あなたの知識と能力の証明になる可能性があります。

ただし、Meta認定資格を持っていることが、必ずしもビジネス成果を出せるとは限らないことを理解しておくことも大切です。資格はあくまであなたの知識やスキルを証明するものであり、実際の成果を出すためには、その知識を実践に生かすことが不可欠です。資格取得後も、常に最新のトレンドや技術を学び続け、Metaのプラットフォームを最大限に活用することが、成功への鍵となります。

Meta認定資格プログラム

Meta認定資格プログラムでは、多様な専門分野に対応する7つの異なる資格が提供されています。これらの資格は、特定の職業や役割、経験レベルに適しているとされていますが、実際には誰でも受験することが可能です。

このオープンなアプローチは、多様なバックグラウンドを持つ個人が、自身のスキルと知識を拡張する機会を提供します。

各Meta認定資格の受験準備には、無料の模擬試験、オンラインコース、学習ガイドなど、多くのリソースが提供されています。これらのリソースは、実際の試験に向けた準備に大いに役立ちます。特に模擬試験は、受験者の現在の実力を把握する貴重な機会となります。また、模擬試験を受けた後には、受験者の弱点を補強するためのおすすめのオンラインコースが表示されるため、効果的な復習が可能となります。これらのリソースを活用することで、Meta認定資格の試験に向けて万全の準備をすることができます。なお、現在日本語で受験できるのは「Meta認定マーケティングサイエンスエキスパート」「Meta認定クリエイティブ戦略エキスパート」「Meta認定メディアプランニングエキスパート」「Meta認定メディアバイイングエキスパート」の4種類のみとなっています。

Meta認定資格の種類Meta認定資格の内容受験に適した職業・役割受験に適した経験レベル
Meta認定デジタル
マーケティングアソシエイト
Facebook、Instagram、Messengerの
すべてにおける広告の作成や管理、広告レポート
の作成や分析についての基礎的な能力を測定します。
Metaのテクノロジーの基礎知識を
しっかりと身に付けたいエントリーレベルのマーケター。
初心者

広告、ベストプラクティス、Metaのテクノロジーに
ついて一定レベルの知識を持つマーケティング初心者。

※オンラインでのみ受験可能
Meta認定マーケティング
サイエンスエキスパート

※日本語で受験可能
データ、インサイト、効果測定を利用した情報に
基づくマーケティング提案を行う能力を測定します。
データサイエンティスト、定量調査員上級者

効果測定戦略、調査の実施、統計情報の取り扱い
に関する業務で3年程度の経験がある。
Meta認定クリエイティブ戦略
エキスパート

※日本語で受験可能
Metaのテクノロジーやサービスにおけるモバイルの
基本について、高度な理解力と戦略的な応用力を
認定します。
メディアバイヤー、アカウントセールス、
アカウントマネージャ、アカウントエグゼクティブ
中級者

Metaのテクノロジーでモバイルクリエイティブ戦略を
策定した経験がある。
Meta認定メディアプランニング
エキスパート

※日本語で受験可能
ビジネスゴールとマーケティングプランに沿ってMetaの
メディア戦略を作成する能力を測定します。
デジタルプランナー、メディアプランナー、
プログラマティックプランナー
中級者

Metaのテクノロジーで実際にメディアプランニングを
直接担当した経験がある。
Meta認定メディアバイイング
エキスパート

※日本語で受験可能
Facebook、Instagram、Messengerで
広告を購入する際に求められる、ビジネスゴールを
達成するためのキャンペーン管理能力を測定します。
メディアバイヤー、アカウントセールス、
アカウントマネージャ、アカウントエグゼクティブ
中級者

Metaのテクノロジーで広告の作成と管理を行った
経験と、広告オークションを通じてキャンペーンの
パフォーマンスと配信を改善するオプションについての
知識がある。
Meta認定コミュニティ
マネージャ
オンラインコミュニティ管理に関するベストプラクティスと
規定について、高度な知識があることを認定します。
コミュニティ関連の担当者:
コミュニティマネージャ、ソーシャルメディア
マネージャ/ストラテジスト、エンゲージメント
コーディネーター/マネージャ、デジタルコミュニケーション
マネージャ、コミュニケーションスペシャリスト、
オンラインコンテンツコーディネーター
初心者

デジタルスキルを使ってインターネット上の課題に
対処し、オンラインコミュニティを管理した経験が
ある。

※オンラインでのみ受験可能
Meta認定Meta Spark
クリエイター
複雑なアイデアをもとに高品質なMeta Spark
エクスペリエンスを構築できる高度な能力を認定します。
クリエイティブ担当者、メディアバイヤー、
アカウントセールス、アカウントマネージャ、
アカウントエグゼクティブ
上級者

アイデアをもとに質の高いインタラクティブな
Meta Sparkエクスペリエンスを作成できる上級の
ARクリエイター。

※オンラインでのみ受験可能

Meta認定試験の受験

Meta認定試験の受験には、基本的にオンラインでの受験が可能な設定がされており、これにより自宅やオフィスなど、あなたの好きな場所で試験を受けることができます。

一部の資格については、東京、新宿、大阪にあるPearson VUEプロフェッショナルテストセンターでの受験も選択できます。これらのテストセンターは、コンピューターを利用した専門的なテスト環境を提供し、より試験に集中することができる環境を整えています。

受験手続きについては、各Meta認定資格のウェブページにある「試験に登録する」セクションから進めてください。オンラインで受験する場合、試験前にはPCのシステムテストを実施する必要があります。このシステムテストでは、試験に必要なアプリケーション(OnVUE)とセキュアブラウザのダウンロード、マイクやウェブカメラの機能チェック、インターネット通信の確認などを行い、試験がスムーズに実施できるかを確認します。システムテストは、試験当日と同じ場所とPCで実施することが推奨されます。

受験当日には、不正行為を防ぐため、PCのウェブカメラを使用して、試験を受ける部屋や机、周囲の環境を確認するよう指示されます。さらに、身分証明書の提示や、持ち込みが制限されているもの(スマートフォン、書籍、バッグなど)に関する受験場所の条件を事前に確認することが必要です。セキュアブラウザとは、BraveやFirefox Quantumなど、高度なセキュリティ機能を備えたウェブブラウザのことです。

Pearson VUEプロフェッショナルテストセンターで受験する場合、身分証明書の持参は必須です。また、服装に関する特定の条件がある場合もありますので、試験に登録する際のポリシーをよく読み、理解することが重要です。

最後に、受験日時の変更やキャンセルに関しては、試験の24時間前までに行わなければならないことに注意してください。これを怠ると、受験料が返金されない可能性があります。このように、Meta認定試験は非常に厳格な規則がありますが、これらの手順を遵守することで、スムーズな試験受験が可能となります。

Metaの学習プログラム

Metaの学習プログラムは、多様な立場や職種に合わせた無料オンラインコースとMeta認定資格を提供しており、それぞれのニーズに応じた学習内容を選択することが可能です。

このプログラムは特に、デジタルマーケティングの世界に足を踏み入れたばかりの初心者から、さらに専門的な知識を求める上級者まで、幅広い層の学習者に対応しています。

もし、どのコースや資格が自分に適しているのか迷っている場合は、学習プログラムが提供するカテゴリ分けを活用すると良いでしょう。たとえば、マーケティング担当者、広告主、コンテンツクリエイターなど、自分の職種や立場に近いカテゴリを選ぶことで、それぞれの職業に最適な学習コースや資格が簡単に見つかります。このアプローチにより、自分のキャリアや目標に合わせた、より効果的な学習プランを立てることができます。

さらに、これらのコースや資格は、現代のデジタルマーケティングの動向や最新の技術、戦略についての理解を深めるのに大変役立ちます。例えば、ソーシャルメディアマネージャー向けのコースでは、最新のトレンドやアルゴリズムの変更への対応方法、効果的なコンテンツ戦略の構築など、即戦力となる知識と技能が得られるでしょう。一方で、Meta認定資格を目指す場合は、その分野における専門性をさらに高めることが可能となり、自身のキャリアにおいて大きなアドバンテージとなります。

カテゴリ内容
中小ビジネス向けFacebookやInstagramをビジネス活用する基本的な方法が学べる無料オンラインコース
ブランドおよびエージェンシー向けMeta広告の基本的な配信・計測方法と成果を高めるポイントが学べる無料オンラインコース、Meta認定資格
求職者向け将来デジタルマーケティング領域で活動したい学生や、転職・キャリアアップを目指す人向けの無料オンラインコース、Meta認定資格
教育者向け学生にデジタルマーケティング教育を提供するのに適した無料オンラインコース、Meta認定資格
非営利団体向け非営利団体やNGOがFacebookやInstagramを使って組織の認知度を高めたり、募金を集めるための知識に関するMeta認定資格
コミュニティリーダー向けオンラインコミュニティの構築に役立つ無料オンラインコース、Meta認定資格
開発者向け広告成果の計測などテクニカルな領域を学べる無料オンラインコース、Meta認定資格

このように、Metaの学習プログラムを活用することで、個々のニーズに合わせた柔軟かつ効果的な学習が実現します。自分の立場や職種に最も近いカテゴリから選択を始めることで、デジタルマーケティングの世界で成功するための第一歩を踏み出すことができるでしょう。

Meta Blueprintの無料オンラインコース

Meta Blueprintの無料オンラインコースは、FacebookやInstagram、そしてMeta広告のようなプラットフォームを効果的に使用するための包括的な学習リソースを提供します。

これらのコースは、ソーシャルメディアでの発信、顧客とのコミュニケーション、広告配信などを計画している人々にとって、理想的な準備となります。また、すでにこれらのプラットフォームを使用している方にとっても、知識を深め、スキルを拡充するための貴重な機会です。

Meta認定資格は、学んだ知識がしっかりと身についているかを確認するだけでなく、特定の分野における専門性を証明する手段としても価値があります。資格の取得は必須ではありませんが、Metaのエキスパートとして社内外で活動する場合、専門知識を深め、その能力を証明するための一つの方法として考えられます。資格を持つことは、自身のキャリアにおいて大きなアセットとなり得ます。

特に、Metaのプラットフォームを日々の業務に活用しているマーケティング担当者や広告主にとっては、これらのコースと資格は、最新のトレンド、ツール、戦略に常にアップデートされた状態で対応できるようになるため、業務の質を向上させる助けとなります。一方で、フリーランスや中小企業の経営者のように、限られたリソースで最大限の効果を出す必要がある方々にとっては、これらのコースや資格が、コスト効率の良い方法でデジタルマーケティングのスキルを習得する手段となります。

総じて、Meta Blueprintの提供する無料オンラインコースとMeta認定資格は、デジタルマーケティングの世界で成功するために必要な知識とスキルを獲得するための重要なリソースです。これらを活用することで、Metaのプラットフォームを最大限に活用し、ビジネスの成果を向上させることができるでしょう。